フィールディング

MLBのスプリングトレーニングから学ぶ《外野手の練習方法とは?》

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

僕は・・・

外野手の事は全く分かりません。

ただ、

メジャーのキャンプ、え~と…

これはカージナルスですね。

カージナルスのキャンプではこんな練習をしているようです。

おそらくアップですね。

野球界もアップはボールを扱う。

そういう方向に進んで行くべきだと思いますね。

全体でアップして体を温めるだけではなくてね。

ボールを使って感覚を養う。

それもMAXで動くのではなくて・・・

こうやって軽く動ける練習。

そうすると、色んな感覚を養えるようになる。

同じ30分、1時間でも全く効果が違う時間になると思うんですが・・・

まだ、野球界はそうならない。

サッカー界は確実にそういう方向に進んでいると思いますけどね。

まあ、

動画を見ていただければ分かると思いますが・・・

最初に、逆方向に体を切ってそれから反転させるのかな?

そういうルールだと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

それからこれは前の打球にチャージして捕る練習ですね。

よく考えてみると…

試合でよく見る光景ですよね。

でも、こういう練習を徹底的にしたことって…

実はないでしょ?

なので、そろそろここら辺で気づいてほしいと思います。

考えられることは練習しとかないと!

って。

まあ、参考まで。

では、また。

 

《センスがいいね!と言われちゃう》野球センスの磨き方(守備編)¥7,980

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
《センスがいいね!と言われちゃう》野球センスの磨き方(守備編) ¥7,980
 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 内野守備が巧くなりたければ本能を呼び起こせ!
  2. 野球選手の育て方には解放という方法もある。
  3. 野球界にも当たり前のように表に出てくるようになった『yips』
  4. 【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識
  5. 【名手ペドロイア選手が教える】正面でガッチリとゴロを捕球したら次はどう動くのか?…

関連記事

  1. フィールディング

    井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャイアンツの井…

  2. フィールディング

    外野手がよく言われる「先に下がれ!」とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。外野手が後方のフ…

  3. フィールディング

    【実はボールを捕れる選手が少ないという事実】ボールを捕れる選手を目指して!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球選手なんです…

  4. フィールディング

    内野守備ドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。クリーブランド・…

  5. フィールディング

    ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、仁志氏が『ナ…

  6. フィールディング

    【谷繁元信氏が語る】捕手の神髄とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ベストナインを1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【実はボールを捕れる選手が少ないという事実】ボールを捕れる選手を目指して!
  2. フィジカル

    あの世界トップレベルの日本人選手の凄さは体力測定には出ない
  3. バッティング

    常に自分の体と向き合い続けている偉大なバッター
  4. フィジカル

    【ソーシャルファシリテーション】社会的促進を利用した上達法とは?
  5. フィールディング

    【海外の練習から学ぶ】動ける外野手になるための練習とは?
PAGE TOP