フィールディング

まるで手品のようなキャッチボール

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

みなさん!

オマー・ビスケル選手ってご存知ですか?

結構マニアックな話ですかね?

誰が決めるわけでもないですが、世界一の内野手だと言われています。

まあ、確かに素晴らしい選手です。

でも、時々素手でキャッチしたりする・・・

なぜ、わざわざ素手で捕るのと思うような時もありますが…

魅せられる選手であり、堅実な選手でもあるわけです。

そのオマー・ビスケル選手のキャッチボール。

これは価値のある映像です。

キャッチボールでここまで魅せれる選手は世界中探しても、なかなかいません。

どうか1分だけ…

ぜひ見て下さい。


 


【DVD】本気の内野手のための基本スキル&ドリル ¥6,980

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
守備が上手くならないのは、守備の事を知らないからだ!
本気の内野手のための基本スキル&ドリル

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 地道なことの積み重ねが名捕手への道なのかもしれない
  2. ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。
  3. 内野守備が巧くなりたければ本能を呼び起こせ!
  4. 【ソーシャルファシリテーション】社会的促進を利用した上達法とは?
  5. 球界最高のバッティング技術を持った選手の考え方
PAGE TOP