フィールディング

まるで手品のようなキャッチボール

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

みなさん!

オマー・ビスケル選手ってご存知ですか?

結構マニアックな話ですかね?

誰が決めるわけでもないですが、世界一の内野手だと言われています。

まあ、確かに素晴らしい選手です。

でも、時々素手でキャッチしたりする・・・

なぜ、わざわざ素手で捕るのと思うような時もありますが…

魅せられる選手であり、堅実な選手でもあるわけです。

そのオマー・ビスケル選手のキャッチボール。

これは価値のある映像です。

キャッチボールでここまで魅せれる選手は世界中探しても、なかなかいません。

どうか1分だけ…

ぜひ見て下さい。


 


【DVD】本気の内野手のための基本スキル&ドリル ¥6,980

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
守備が上手くならないのは、守備の事を知らないからだ!
本気の内野手のための基本スキル&ドリル

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球少年がやるべきトレーニングとは?
  2. 【20歳で東京ドームの天井を直撃】彼はどんなトレーニングをしているのか?
  3. 【フライボール革命】忘れてはいけないことは…
  4. 【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?
  5. 身体のキレとは?身体能力とは?

関連記事

  1. フィールディング

    内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ツイッターの中で…

  2. フィールディング

    12歳の小さなアルトゥーベがすでに身につけている技術とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨年、小さな体で…

  3. フィールディング

    野球の試合はキャッチャーが命運を握っている【キャッチャーのための守備講座】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨シーズンは広島…

  4. フィールディング

    広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ちょっと古い記事…

  5. コーチング

    野球選手を育てようとしてるのに、なぜボールを扱わせないんですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。以前、この動画を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【ワールドベースボールクラシックで見えてきた】強打を誇るチームの打球傾向
  2. マインド

    ジャイアンツ・小林選手の歩みを野球上達のヒントにする!
  3. フィジカル

    すごいすごいと思っていたメジャーリーガー。でも実は…
  4. バッティング

    【落合博満×吉田正尚】バッティングに対する思考の違いとは?
  5. フィールディング

    内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。
PAGE TOP