バッティング

あの大打者がやっているバッティング練習法とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

すごいニュースがありましたよ。

あのマニー・ラミレス選手が日本でプレーするんですって!

来年は45歳を迎える大ベテランですが、これは見てみたいですね。

ただ、プレーだけじゃなくて、彼の培ってきた野球論も日本に残していってほしい。

その辺は四国ILリーグに期待しましょう!

そこで、今日はラミレス選手の動画を用意させて頂いたんですが…

こういうのは、ぜひ参考にしてもらいたいなと思うんです。

動画の中で彼は日本でいうティーバッティングをしてるんですね。

ただ、投げ分けてもらっています。

「ストライクばかり投げないで!」

っていう感じです。

時には背中側にも投げてもらって…

で、

そういうボールには反応しない。

ピクリとも動きません。

そうしてバッティングの対応力を磨こうとしてるんですね。

バットスイングを強くするためには、ひたすらバットを振り続けるというのも大事なことです。

でも、打者として生き抜くにはそれだけではダメなんですね。

そこで、ぜひラミレス選手のバッティング練習を見てみてください。

まあ、参考まで。

では、また。


打率を上げたければ、これを見よ!¥3,480

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
衝撃の事実!実は、キミの脳はストライクゾーンを知らない。
打率を上げたければ、これを見よ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。
  2. ポロポロしてしまう選手はこれをやってみてください。
  3. あのドラ1選手も、その都度、壁を乗り越えてきた。
  4. これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】
  5. 【現在ナショナル・リーグ打率3位】ジャスティン・ターナー選手のバッティング理論
PAGE TOP