バッティング

美人ほど整形したがる【野球界も一緒なのか?】

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

飛距離と確率。

どっちが大事なのか?

そんな事を考えていたらこんな記事がありました。
↓↓↓
広島 助っ人獲得も野村監督は慎重「遠くに飛ばせるが、打率がどうか」(スポニチアネックス)

「遠くに飛ばせるが、打率がどうか」

遠くに飛ばす事を追い求めると確率が下がってしまう。

僕には、そんなイメージがあります。

2年前に東出選手と話した時、彼は僕にこんな事を言ったんです。

「狙っていいんなら、ホームランは打てます。」

って。

だから、彼はチームで行う紅白戦なんかでは場外まで運ぶそうです。

意外でしょ???

東出選手はホームラン打てへん!

とか思ってませんでした???

そんな事はないんですよ。

彼は、飛ばせる。

彼のパンチ力は僕もよく知っていますからね。

けど、飛ばさない。

なぜなら、確率が下がるから。

何分下がるって言ったかな?

曖昧なんですが・・・

相当下がるって言ってましたね。

それなら意味がないんだと。

でね、

これが彼のスゴさなんですよ。

ちょっと想像してみて下さい。

放り込むパワーはあるんです。

だとすると・・・

狙いたくなりません?

なりますよね^^

そこを我慢できるか、できないか。

そこを徹底できるか、できないか。

そこを貫けるか、貫けないか。

これが、

一流と凡人の差なのかもしれません。

ホームランて打ちたいじゃないですか?

ねぇ?

印象も良いし、カッコ良いし・・・

でも、我慢できる。

これが東出選手の成功の秘密ですね。

でね、

例えば、今年のはじめにこんな記事を書きました。
↓↓↓
ジャイアンツ大田選手が長打力アップを狙っているそうだが・・・(ベースボールバイブル)

ここで大田選手が心配だと書いたんですが・・・

要はですね、

彼は、すでに球場でホームランを打つ力はあるわけですよね。

という事は、

追い求めるべきはパワーですか?

それとも確率ですか?

僕は確率だと思うんですけどね。

でも、

飛距離にはそれほどの魔力がある。

飛ばせるのに「もっともっと」って。

怖いですね。

そういえば誰かが言ってましたよ。

美人ほど整形したがる。

って。

よく似てるんじゃないですか?

そんな気がします。

まあ、参考まで。

では、また。
 


打率を上げたければ、これを見よ!¥3,480

アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
衝撃の事実!実は、キミの脳はストライクゾーンを知らない。
打率を上げたければ、これを見よ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【名手ペドロイア選手が教える】正面でガッチリとゴロを捕球したら次はどう動くのか?…
  2. プホルス選手のバッティング理論から考える【野球選手として成長するために…】
  3. さすが世界一の安打製造機ですね
  4. 【2019年の首位打者】打率が急上昇した要因とは?
  5. あなたは2人の大打者が同じスイングをしていたって知ってましたか?
PAGE TOP