バッティング

大谷選手はこんな感覚でバッティングをしている?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今頃元日の記事なんですが…

元日から「大谷選手ってそういう感覚なのか…」とびっくりした画像があったんですよ。

で、紹介しよう、紹介しようと思ってたら今日になりました。

遅くなってどうもすみません。

ただ、あまり誰もこの話に触れてなかったような気がしますね。

それは、もしかするとこの画像が現代の野球界では『不都合な真実』だからなのかもしれません。

その画像というのがコチラです。

ohtani※http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170101-OHT1T50114.html

「ありえない…」

そう言いたくなった人もいるのではないでしょうか?

まあ、どういう経緯でこの形になったのかは全く分かりません。

対談の記事にもこの話は出てないようなので…

ただ、

大谷選手がこの感覚でボールを打ちにいっているのだとしたら…

あなたの野球観は変わるかもしれませんね。

もちろんですけど、こんな形では打ってないんですよ。

高めのボールはこう打ちます。

ohtani3

だけど感覚ではこう。

ohtani

これだからバッティングって面白いんですよね。

まあ「こういう感覚でバッティングをしなさい!」という話ではありません。

「こういう感覚でバッティングをしてみるのもいいんじゃないですか?」という話です。

あっ!

バッティングってね、理にかなってるバッティングフォームだから打てるようになるとは限らないんですよね。

一見笑ってしまうようなバッティングフォームが自分に合ってたりしますからね。

でも『理』とか『恥』とかが邪魔しちゃったりします。

しかも、それはバッティングを勉強すればするほど出てくるものです。

でもね、もう一度これを見てください。

ohtani

このバッティングフォームを見て、あなたがどんな行動をするのか。

試されているような気はしませんか?

くれぐれも言っておきますが、なぜこの形になったのかは分からないんですけどね。

まあ、参考まで。

では、また。

average
strong
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ジャイアンツの選手たちが教えてくれた『野球が上手くなるためにするべき事とは?』
  2. 【川崎宗則選手に学ぶ】変化球のススメ
  3. 【1点差で一死一、三塁】そこでショートゴロが飛んだんですが…
  4. 【マット・アントネッリ氏から学ぶ】ハンズ・ルーチン
  5. 井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?

関連記事

  1. バッティング

    ホームランを打つためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。それにしても今年…

  2. バッティング

    ホームランの打ち方は2つある。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。イチロー選手はホームラ…

  3. バッティング

    【あらあら差し込まれてますね…】スイング時間の事って考えた事はありますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ここ…

  4. バッティング

    あのスーパースターがバッターボックスに入るたびに確認していた言葉とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、パッとスマ…

  5. バッティング

    【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私たちは異次元の…

  6. バッティング

    【バッターにはタイプがある】10年連続3割30本100打点を達成したバッターの感覚とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、イチロー選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    侍ジャパンの選手たちのバットの軌道は?
  2. ピッチング

    あのトム・ハウス氏が指導している貴重な映像
  3. コーチング

    【明日の18時30分】京都に来れる方はいませんか?
  4. フィールディング

    ホームベースより前に転がった打球は全部自分のボールだと思え!
  5. バッティング

    ホームランを打つためには…
PAGE TOP