バッティング

【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

松井秀喜氏が伝えて…

坂本勇人選手が結果を残して…

ますます話題になっているのが『軸足に体重を残して打つ!』という理論です。

松井秀喜氏だけじゃなくて内田コーチもそういう話をしてたんですよね。

それはブログでも紹介しました。
↓↓↓
右膝に目があると思え!《坂本勇人選手と山田哲人選手》(ベースボールバイブル公式ブログ)

これができれば3割打てる!

で、

.344も打ってしまう坂本選手のポテンシャルには驚かされますが…

こうなってくると出てくる話があります。

それは、

『本当に軸足に残っているのか?』

っていう話ですね。

実際の話…

残らないですよね。

打ちにいくんですから。

だから、軸足に残して打つっていうのは感覚論です。

映像だけで見たら軸足に体重なんて残ってないですからね。

けど…

本人の感覚ではめちゃくちゃ残してる。

おそらくですけど…

坂本選手もフォームを変えた当初は信じられないぐらい我慢して打ってたはずです。

それでも映像だけ見てるとそんなに残ってない…

実際の動きと感覚ではこれぐらいのギャップがあるわけですね。

これだからバッティングは難しい…

さあ、バッターならどうするべきでしょうか?

よく考えてみて欲しいと思います。

一つ言えることは…

目に見えるものだけが正解とは限らない。

ですかね。

まあ、参考まで。

では、また。
 


打率を上げたければ、これを見よ!¥3,480
 
アマゾン以外での購入をご希望の方はコチラからどうぞ。
↓↓↓
衝撃の事実!実は、キミの脳はストライクゾーンを知らない。
打率を上げたければ、これを見よ!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あの選手の守備が上手くなった理由とは?
  2. スペシャルなバッターたちの打席での意識とは?
  3. 【MLB通算612本塁打のジム・トーミ氏に学ぶ】バットのヘッドの使い方
  4. 【プロ野球選手から学ぶ】外野手のポイントとは?
  5. キャッチャーならご覧ください。
PAGE TOP