バッティング

【8年前と正反対】そのバッティング理論とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ジャイアンツの坂本勇人選手が自身のバッティングについて語っていましたね。

それが8年前に話していた感覚とは全く違うものになっているという…

まあ、毎日のようにバッティングをして、日々肉体も変わってくるわけですから、ずっと同じフォームで打ち続けている方がおかしいのかもしれません。

とにかく覚えておいて欲しいのはバッティングに対する考え方が変わることは不思議でも何でもないということです。

ということで、坂本選手の話をぜひ聞いてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【もしかするとあなたは…】自分のバッティングをわかってないんじゃないですか?
  2. ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!
  3. 【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識
  4. よく打つバッターは自分の◯◯◯◯を知っている
  5. バッターにとってゴロはお金にならない
PAGE TOP