バッティング

【スーパースターの言葉】打者ならば…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

片岡篤史氏のYouTubeチャンネルにあの清原和博氏が出演されていたんですが、その話がやっぱり素晴らしいですね。

3年生の春の大会(選抜)で負けた日の夜に全身から湯気が出るくらいバットを振っていた清原氏。それを見て片岡氏は本物の野球選手を見れたと思ったそうなんですが、そのことについて清原氏は同級生から3三振したのが悔しくて悔しくて、その日から毎日300本素振りをするようにしたとおっしゃっています。そのあとに清原氏が話す内容…。ぜひ、聞いてみてください。

その渡辺智男氏と対戦した時の映像がありましたので、こちらもどうぞ。

【今日のビジョントレーニング】

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 背面キャッチをやってみた【野球選手としてプレーの精度を高めるためには…】
  2. あの新人王はアメリカンフットボールでもバスケットボールでも…
  3. ブライス・ハーパー選手に学ぶ【ホームランを打つための体づくり】
  4. 野球選手である限り技術の追求に終わりはない!
  5. 【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?
PAGE TOP