バッティング

【スーパースターの言葉】打者ならば…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

片岡篤史氏のYouTubeチャンネルにあの清原和博氏が出演されていたんですが、その話がやっぱり素晴らしいですね。

3年生の春の大会(選抜)で負けた日の夜に全身から湯気が出るくらいバットを振っていた清原氏。それを見て片岡氏は本物の野球選手を見れたと思ったそうなんですが、そのことについて清原氏は同級生から3三振したのが悔しくて悔しくて、その日から毎日300本素振りをするようにしたとおっしゃっています。そのあとに清原氏が話す内容…。ぜひ、聞いてみてください。

その渡辺智男氏と対戦した時の映像がありましたので、こちらもどうぞ。

【今日のビジョントレーニング】

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【野球界でよく使われる言葉ですが…】タメって何ですか?
  2. 【身長170cmの選手が首位打者を争う時代】彼らが身につけている能力とは?
  3. 桐生選手と室伏氏のトレーニングとは?
  4. 井の中の蛙が野球界で生き残るのは難しい…
  5. 【ゴールドグラブ賞を3回受賞した男から学ぶ】壁を使った野球上達法!
PAGE TOP