フィジカル

今年最も印象に残った野球選手は…?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今年の5月18日にわかさスタジアム京都で行われていた龍谷大平安vs.京都国際の試合を見に行ったんです。

まあ、選抜でベスト8だった龍谷大平安高校を生で見たかったわけですが、試合を見ていると一人だけダイヤモンドのように輝いている選手がいました。

ですから、思わずツイートを…^^

この上野選手が先日のドラフト会議で日本ハムファイターズからドラフト3位で指名されたんですね。

京都国際高の上野内野手は日本ハムの3位指名 ドラフト会議

プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、京都国際高の上野響平内野手が日本ハムから3位で指名された。

上野内野手は主将を務めた今夏の京都大会で同高を初の決勝に導いた。

京都国際高の上野内野手は日本ハムの3位指名 ドラフト会議|京都新聞

まあ、バッティングは少し時間がかかりそうな印象でしたけど、守備は素晴らしかったですし、特にツイッターにも書いたようにスローイングが素晴らしかったんですよね。

あっ!良い動画がありましたので、ぜひご覧ください。

この動画を見ると彼のスローイングの強さがわかると思うんですが、一説によると彼の球速は142キロだそうです。

このように身長が170センチの選手でもこれだけの動きが出来て、強いボールが投げられれば高卒でもプロ野球選手になれるんですね。

ですから、肩と脚をしっかり鍛えてもらえればと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【バッティング】高いボールに対しての腰の使い方
  2. NPBで300盗塁以上した野球選手の盗塁理論
  3. 打たれにくいスライダーの投げ方とは?
  4. 【練習での割合は約1割】走塁を軽視していませんか?
  5. 【MLB開幕】メジャーリーガーたちが使うグリップテープ&トラウト選手のバッティン…
PAGE TOP