バッティング

【OPS 1.015!】成長し続けるバッターの打撃理論

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

年々、成績を上げてヒューストン・アストロズの4番を打つまでになったアレックス・ブレグマン選手。

今シーズン(2019年)のOPSはなんと1.015!

そんな素晴らしい成長を見せているブレグマン選手なんですが、そんな彼がバッティングについて話している動画がありました。

ブレグマン選手は…
・置きティーはしない
・トスバッティングは時々する(シンカーボーラーを想定)
・6mぐらいの距離からオーバースローで投げてもらう(フォーシームを主体とする投手を想定)
・高めの速球を打つ時は上から叩きすぎない

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 最高のプレーをするための心構えとは?【レギュラー争いに負けそうな時、どう考えます…
  2. 今シーズン絶好調のあのチーム。その強さの秘密は打者たちの意識の変化にあった?
  3. 【超高校級なんて知れている】この数字、なんの数字かわかりますか?
  4. 【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?
  5. レベルの高い走塁をできるようになってください。
PAGE TOP