バッティング

【OPS 1.015!】成長し続けるバッターの打撃理論

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

年々、成績を上げてヒューストン・アストロズの4番を打つまでになったアレックス・ブレグマン選手。

今シーズン(2019年)のOPSはなんと1.015!

そんな素晴らしい成長を見せているブレグマン選手なんですが、そんな彼がバッティングについて話している動画がありました。

ブレグマン選手は…
・置きティーはしない
・トスバッティングは時々する(シンカーボーラーを想定)
・6mぐらいの距離からオーバースローで投げてもらう(フォーシームを主体とする投手を想定)
・高めの速球を打つ時は上から叩きすぎない

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【バッティング】2017年ワールドシリーズMVP選手の左足の使い方とは?
  2. ビリー・ハミルトン選手のリードとは?
  3. 【オリックス・吉田正尚選手】フルスイングに対する誤解
  4. 運動神経を高めるトレーニング
  5. あの世界トップレベルの日本人選手の凄さは体力測定には出ない

関連記事

  1. バッティング

    ホームランを打つための4つの条件とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。どうすればホーム…

  2. バッティング

    中学まで軟式野球をすることは理にかなっている

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、ほっともっ…

  3. バッティング

    プホルス選手のバッティング理論から考える【野球選手として成長するために…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は先日3,0…

  4. バッティング

    【ノーアウト2塁】あなたならどんなバッティングをしますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白い記事があっ…

  5. バッティング

    スラッガー進化論!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。本日は川端バッテ…

  6. バッティング

    あのピート・ローズ氏が最高の練習だと言っているのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。MLBの歴史の中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    【MLBドラフトが始まりました!】上位指名選手を見てみましょう
  2. コーチング

    史上最強と言われた中学野球チームの戦術とは?
  3. フィールディング

    バックアップがチームを救う
  4. フィジカル

    トップアスリートたちが食べていたものとは?
  5. バッティング

    毎年成長した姿を見せてくれるバッターの練習する姿
PAGE TOP