バッティング

【OPS 1.015!】成長し続けるバッターの打撃理論

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

年々、成績を上げてヒューストン・アストロズの4番を打つまでになったアレックス・ブレグマン選手。

今シーズン(2019年)のOPSはなんと1.015!

そんな素晴らしい成長を見せているブレグマン選手なんですが、そんな彼がバッティングについて話している動画がありました。

ブレグマン選手は…
・置きティーはしない
・トスバッティングは時々する(シンカーボーラーを想定)
・6mぐらいの距離からオーバースローで投げてもらう(フォーシームを主体とする投手を想定)
・高めの速球を打つ時は上から叩きすぎない

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ヒッチを使うバッターが続々登場!
  2. 何度ミスしてもバックハンドでチャレンジするドミニカ代表の遊撃手
  3. 野球選手は体を上手に扱えてこそ!
  4. 世界トップレベルの二遊間の関係とは?
  5. ジャイアンツの選手たちが教えてくれた『野球が上手くなるためにするべき事とは?』
PAGE TOP