ピッチング

史上最年少で150セーブを達成した投手のピッチングスタイルとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今、ヒューストン・アストロズに史上最年少で150セーブを達成したロベルト・オスナというピッチャーがいます。

このオスナ投手、今日もしっかりヤンキース打線を無失点に抑えたんですが、今日はそんな彼のピッチングスタイルを紹介したいと思います。

まあ、4シームの最速は160キロなので、彼がとんでもないボールを投げているのは間違いないんですが…。それだけではなく、時々リズムを変えて投げるんですね。足を速く上げたり、足の上げ方を変えたり、いきなり投げたり…。まあ、ぜひ動画を見てみてください。

このように160キロの4シームという武器を持ちながらも頭を使ったピッチングをしているのがロベルト・オスナ投手なんですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【簡単に信じない】だって9割は嘘だから…
  2. 当たり前のことだからこそしっかり身に付けたいですね。
  3. 賢い選手になるために…
  4. 【32億円の男から学ぶ】スピードや強さがなくてもトップでいれる理由
  5. ピッチングフォームを分析する『エクステンション』とは?

関連記事

  1. ピッチング

    100回大会に現れた素晴らしいピッチャー

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。長い夏休みをいた…

  2. ピッチング

    あの選手のストレートも似たような感覚なのだろうか…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。YouTubeに…

  3. ピッチング

    年々成績が良くなるあの投手はキップアップが軽々できた。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。このブログでも何…

  4. ピッチング

    ピッチングフォームを分析する『エクステンション』とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日のワールドス…

  5. ピッチング

    世界一の右腕が行うトレーニング

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ついに球団初の世…

  6. ピッチング

    【野球界でよく使われる言葉ですが…】タメって何ですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、こんな記事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィジカル

    補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  2. コーチング

    あのメジャーリーガーが語る「MLB流コーチング」
  3. バッティング

    ティーバッティングを工夫して新しい感覚を掴む!
  4. フィールディング

    【キャッチャー】ブロッキングについて
  5. コーチング

    今、野球人に読んで欲しい一冊。
PAGE TOP