ピッチング

史上最年少で150セーブを達成した投手のピッチングスタイルとは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今、ヒューストン・アストロズに史上最年少で150セーブを達成したロベルト・オスナというピッチャーがいます。

このオスナ投手、今日もしっかりヤンキース打線を無失点に抑えたんですが、今日はそんな彼のピッチングスタイルを紹介したいと思います。

まあ、4シームの最速は160キロなので、彼がとんでもないボールを投げているのは間違いないんですが…。それだけではなく、時々リズムを変えて投げるんですね。足を速く上げたり、足の上げ方を変えたり、いきなり投げたり…。まあ、ぜひ動画を見てみてください。

このように160キロの4シームという武器を持ちながらも頭を使ったピッチングをしているのがロベルト・オスナ投手なんですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【2人合わせて1,458本塁打】そのバッティング理論とは?
  2. あの選手のストレートも似たような感覚なのだろうか…
  3. 自分の打球速度を知っていますか?【6年前にあの選手がブレイクするのを誰もが予想で…
  4. 【プロ野球選手の走塁ミスに学ぶ】帰塁のルールとは?
  5. プロ野球界で唯一、三度の三冠王になった男のバッティング理論
PAGE TOP