フィールディング

シートノックの中にも2つの技術を入れている。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ここに2017年のオールアメリカンのシートノックの動画があるので、ぜひご覧いただきたいのですが…

海外のシートノックを見ることなんてあまりないと思いますが、この動画の内野ノックを見ているとボールファーストとダブルプレーのあとにバックハンドとランニングスローを入れていることがわかると思います。

今では日本でもバックハンドの重要性を唱えられるようになってきましたが、高校野球のシートノックなどを見ていると、さすがにここまでは徹底されていないという印象です。

まあ、もちろん海外でもいろんなチームがあるとは思いますので全てのチームが同じようなシートノックをしているとは思いませんが…

ここで、もうひとつの動画をご覧ください。

こちらはプエルトリコ代表のシートノックのようですが、このチームもダブルプレーのあとにバックハンドとランニングスローを入れているのがわかると思います。

まあ、これが世界基準だと言うつもりはありませんが、ぜひとも参考にしていただけたらと思います。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ドミニカ共和国のある選手が来年も野球をするために行っている練習とは?
  2. 【カノ選手から学ぶ】バックハンドで捕ってからのスローイング
  3. 【3年前のあの選手】あの時点では活躍するのは難しいと感じた理由
  4. 中学時代は6番バッター?
  5. 野球選手として成長するための時間の使い方とは?
PAGE TOP