フィールディング

【スローイング】高校二年生でこの精度!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

たまたまこんな動画を見つけたんですけど…

確か、私の記憶では本来サードのレギュラーだった三年生の深瀬選手が右肩を脱臼して、決勝戦では二年生の宮本慎也選手がサードを守ったんですよね。

ですから、甲子園の決勝が初スタメンだったんだと思います。

初スタメンが決勝って、とんでもなく緊張するものだと思うんですが…

ご覧の通りの正確な送球。

高校二年生でこのレベルのスローイングができるんですね^^;

ですから、現役の選手にはすぐにでもキャッチボールの大切さに気づいてほしいですね。

そういう意味でも良いイメージができそうな動画がありましたので、ぜひご覧ください。

あっ!それから…

キャッチボールの時にシャッフルスローの練習をしない選手が意外と多いような気がします。

ですから、キャッチボールの時にシャッフルスローの練習をしてもらえればと思います。

詳しくはコチラの教材をご覧ください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【OPS 1.015!】成長し続けるバッターの打撃理論
  2. MLBの遊撃手たちはどうやってアウトにしているのか?
  3. なかなか見れない指導者としての、この姿勢。
  4. 第28回WBSC・U-18ベースボールワールドカップはアメリカの優勝で幕を閉じま…
  5. 【ヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーの基本練習とは?
PAGE TOP