フィールディング

あの選手の守備範囲が広い理由

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

MLB Networkでおなじみのハロルド・レイノルズ氏が守備の時の構え方や投球とのタイミングの合わせ方、それからポジショニングについて教えてくれています。

この話は内野手だけではなくて外野を守る選手にも参考になると思いますので、ぜひ聞いてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. いや〜、良い画像
  2. 【MLB】ホームランダービー!
  3. プロ野球界で史上最高の右バッターはどうやってバッティングフォームを作っていたのか…
  4. 【田口壮氏が語る】自身の高校時代
  5. ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?

関連記事

  1. フィールディング

    【ゴールドグラブ賞】受賞した選手たちに共通している事は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ちょっとこの画像…

  2. フィールディング

    プロ野球選手になった男のテレビ画面に映らないバックアップ

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。久しぶりに母校の…

  3. フィールディング

    シートノックの中にも2つの技術を入れている。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ここに2017年…

  4. フィールディング

    あのサイトでプロ野球選手たちの野球理論が聞ける!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。パ・リーグTVの…

  5. フィールディング

    【海外のドリルから学ぶ】内野手の反応をよくするには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、電電近畿やN…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    アレックス・ロドリゲス氏が語るバッティング理論
  2. ベースボールIQ

    小学生の頃に野球を教えてくれたPL学園の野球。
  3. マインド

    土曜日は母校の野球部のOB会でした。
  4. マインド

    井の中の蛙が野球界で生き残るのは難しい…
  5. バッティング

    世界一飛ばす選手のバッティング理論
PAGE TOP