フィールディング

磨くべき技術が多くなった時、基本をおろそかにしていませんか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

最近では日本でもハンドリング技術を磨くためにバックハンドやフォアハンドの練習をしている選手が増えてきましたね。もちろんそれは良い傾向だと思うのですが、意外とこういうことをおろそかにしてしまってはいないでしょうか?

しっかり握りかえる。

しっかり割る。

磨くべき技術がたくさんあることを知り、その技術を磨くことに夢中になっていると、次はこういう基本的なことがおろそかにされてしまうようです。

でも、よく見てみると…

そういう基本的なことはおろそかにはしていません。

まあ、もちろんどこで握りかえるのか、どこで割るのかはご自身で追求していただければいいとは思いますが、たとえ磨くべき技術が増えたとしても、基本中の基本だけはおろそかにしないでいただきたいなと思います。

そういう選手が増えてきているようですので注意してくださいね。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【打つのも、投げるのも】壁に対する考え方を変えてみる
  2. 【ルールを知っておきましょう】一塁駆け抜け
  3. プホルス選手のバッティング理論から考える【野球選手として成長するために…】
  4. バックハンド(逆シングル)に対するその考え方、甘くないですか?
  5. 強いチームには良い空気が流れている。
PAGE TOP