フィジカル

練習を作業にしてはいけない

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

100mを9.98秒で走る桐生選手がご自身のYouTubeチャンネルでトレーニングとウォーミングアップを紹介されていましたので、ぜひご覧になってみてください。

動画の中で桐生選手がおっしゃっているのは「作業にしてはいけない!」ということです。

特にウォーミングアップなんていうのは毎日毎日同じようなことをするわけですね。そうするとその動きに飽きてくるわけです。それでも…、例え飽きたとしても作業にしてはいけないんだとおっしゃっています。

ということで、野球選手もぜひ桐生選手から学んでみてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 技術は三流の野球選手がどうして超一流の野球選手になれたのか…
  2. スカウトたちは野球とは関係ないところも見ている。
  3. 野球選手にとっての良いフォームとは?
  4. 史上最年少で150セーブを達成した投手のピッチングスタイルとは?
  5. 大谷翔平投手の初登板の日に起こったひとつのプレー【フォーメーションは難しい…】

関連記事

  1. フィジカル

    いつから野球を始めるのがベストなのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。最近、僕のメール…

  2. フィジカル

    やっぱり、こういう選手は魅力がありますね

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、ご紹介させ…

  3. フィジカル

    子どもの身長を伸ばすためにできること

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は身長につい…

  4. フィジカル

    身体のキレとは?身体能力とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、ある強豪校…

  5. フィジカル

    【大人気のメジャーリーガー】その成長を見てみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今、日本で大人気…

  6. フィジカル

    超一流の選手の目の使い方を身につけませんか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ロジャー・フェデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    ナショナルリーグ・打率2位の打者からバッティングを学ぶ
  2. バッティング

    マグワイアを超える新人シーズン本塁打記録!
  3. ピッチング

    野球選手にとっての良いフォームとは?
  4. バッティング

    保護中: 「抜けたらゴー!」だったって本当なんですかね?(パスワードは6月25日…
  5. ベースランニング

    ベースを踏むまで…
PAGE TOP