ベースランニング

ベースを踏むまで…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、ラジオ番組で阪神-巨人戦の解説を務めた川相昌弘氏がこんな話をしていたそうです。

川相氏は「和田さんの全力疾走は、ドラゴンズで3年間一塁ランナーコーチをやっていて、ずっと見ていましたけどすごかったですよね」と語った。

その理由について「ベース踏むまでしっかり走っていましたから、関心していました。いつも全力で走っていました」と説明していた。

川相氏が『いつも全力で走っていた』と話した選手は?|ショウアップナイター

走塁というのはこういうこともありますし…

こういうこともあります。

ですから、ベースを踏むまでは全力疾走というか、しっかり走る。

これは心掛けたいですね。

ぜひ、川相氏のお話を参考にしていただければと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ボテボテのサードゴロをバックハンドでアウトに!
  2. あの選手はこれで50mを5.7秒で走れるようになった!【野球選手もスピードが求め…
  3. 【一塁ランナー】牽制をもらう方法ともらわない方法
  4. ホームランを打つための4つの条件とは?
  5. バッティングにのめり込んだ選手は強い!
PAGE TOP