バッティング

バッティングの調子が悪くなってしまったら…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

鳥谷選手に関する記事の中でこんなことが書いてありました。

秋季キャンプ中の09年、ある投手コーチと会食していた高知・安芸市内の居酒屋で鳥谷と遭遇し、3人で杯を酌み交わすことに。そこで、グラウンドではツーショットを見たことがない2人がウン時間も野球談義で盛り上がっている。

「調子が悪いときは打撃コーチに聞けばいいと思うでしょ。違うんです。投手コーチのほうが“投手目線”で言ってくれて、参考になることが多いんですよ」

サンスポが直撃!阪神・鳥谷、注目の去就「どうするかは僕の自由ですから」|SANSPO.COM

こういう発想の転換は大事ですよね。

もし、バッティングの調子が悪くなったらピッチャーにもアドバイスを求めてみてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【バッティング】掛布氏が伝えたステップの仕方とは?
  2. 【身長170cmの選手が首位打者を争う時代】彼らが身につけている能力とは?
  3. 【MLB開幕】メジャーリーガーたちが使うグリップテープ&トラウト選手のバッティン…
  4. 【レッドソックスが世界一!】その強さの秘密とは?
  5. 保護中: プロ野球選手になる方法があるとすれば…
PAGE TOP