フィールディング

【史上最高の二塁手が教える】バックトス!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

二塁手としてMLB史上最多となる10度のゴールドグラブ賞を獲得したロベルト・アロマー氏がバックトスについて教えてくれていますので、ぜひ学んでみてください。

・練習の時は相手を見ずにトスをしてバックトスの感覚を体に染み込ませる

・試合の時はトスをする相手を見る。そうすると試合でのバックトスがラクに感じる。

・バックトスの時は踏み出す足を開いてはいけない

・まずはしっかりと捕球することが大事!

ぜひ、史上最高の二塁手とも言われるロベルト・アロマー氏の教えを参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【野村克也氏から学ぶ】配球理論
  2. 【アレックス・ロドリゲス氏がブレグマン選手にインタビュー】その打ち方とは?
  3. 今年最も印象に残った野球選手は…?
  4. これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。
  5. 【あの選手に期待する】凄くて巧い内野手に…

関連記事

  1. フィールディング

    【スラップ打法で挑んできた!】坂本勇人選手vs.サントス選手の競争は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日の日本とキュ…

  2. フィールディング

    【小久保裕紀氏に学ぶ】チームを強くした伝統とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。これは必見!…

  3. フィールディング

    バックアップがチームを救う

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はMLBの試…

  4. フィールディング

    内野手のためのドリルをご紹介します。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は内野手のド…

  5. フィールディング

    プロ野球選手って凄い人たちなんですよ!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。侍ジャパンで内野…

  6. フィールディング

    上手にボールを捕れていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。イチロー選手と浅…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. マインド

    【引退される山口鉄也投手から学ぶ】能動的な野球選手でいよう!
  2. フィールディング

    内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】
  3. ベースボールIQ

    世界一を目指して戦う選手たちから学べること。
  4. フィジカル

    じっとしてても180キロの打球は打てるようにはならない【180キロの打球を打てる…
  5. ベースランニング

    打ったらすぐに走りましょう^^
PAGE TOP