ベースランニング

【無死一、三塁でピッチャーゴロ】その時の走塁は?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

つい先日、広島東洋カープvs.阪神タイガースの試合で下の動画と同じようなケースがありました。

無死一、三塁。そこでピッチャーゴロ。その時に広島東洋カープの走塁は…

ぜひ、ご覧ください。

まあ、上のケースと違うのはまだ浅いイニング(2回表)だったという事と次のバッターが8番打者という事、それからピッチャーゴロだったという事でしょうか。

そういう事を頭に入れてこのプレーを見ると、こういう時の広島東洋カープは二死三塁よりも一死一、二塁を選択するみたいですね。(結果的には一死二、三塁になりましたが…)

もちろんそれぞれのチームにそれぞれの考え方があると思いますし、状況によって選択する事も変わってくると思いますが、ひとつの考え方としてこういう選択もあるという事を覚えておいてもらえればと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界トップレベルの野球選手が日本でプレーする!
  2. 【世界一の捕手であるヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】強いチームのキャッチャーと…
  3. あのピッチャーが実践したコントロールを良くする方法
  4. 失敗は失敗の母
  5. ピッチングフォームを分析する『エクステンション』とは?
PAGE TOP