フィールディング

【1点差で一死一、三塁】そこでショートゴロが飛んだんですが…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

野球って難しいですね…^^;

というのも昨日、MLBでこういうプレーがあったんです。

6回表一死一、三塁の場面。そこでショートゴロが…

きっとキャッチャーから「内野ゴロはゲッツーだよ」という指示が出ていたんだと思います。その証拠にショートの選手はここに守っていました。

ですから、キャッチャーは内野ゴロが飛んだ瞬間にバックアップに走ったんでしょう。

でも、もちろんこういう事がありますよね。

「こういう事」というのはダブルプレーが取れるかどうかの微妙な打球が飛ぶこともあるということです。

しかも、試合は一点差です。

ですからショートを守っていたディラン・ムーア選手はこんな心境だったのではないでしょうか。

「ダブルプレー取れるかな?微妙…。でも、こっちはタイミング的には100%アウトにできる」

その結果、ホームベースに投げたんでしょう。

で、実際にタイミングはアウトです。

(ボールに赤丸をしてみました)

でも、マリナーズの中では決められたことは守らないといけないんでしょうか…

ピッチャーが両手を広げています。

きっと「WHY?」って言ってるんでしょうね。

実はこの時ショートを守っていたディラン・ムーア選手は今年MLBデビューした新人選手なので、そういうチーム内で決められたルールを完璧には把握していなかったのかもしれません。

要するにマリナーズの中ではこの時ムーア選手はセカンドに投げなければいけなかったようです。

でも…

個人的にはキャッチャーにはバックアップよりもベースカバーをしてほしいですけどね。

じゃあファーストのバックアップはどうするのかというとピッチャーに行かせるべきだと思います。

まあ、そのことについては以前から何度もこのブログで言っていますのでコチラの記事を参考にしてください。

【ベイスターズ・山崎康晃投手に学ぶ】ピッチャーの仕事とは?

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あの世界的プレイヤーがもっとやっておけば良かったと思っている事とは?
  2. シートノックの中にも2つの技術を入れている。
  3. 【8年前と正反対】そのバッティング理論とは?
  4. 話題の『瞬達めがね』が教材になりました!
  5. 掴んだ感覚を失わないために…

関連記事

  1. フィールディング

    キャッチャーのためのスキル&ドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はキャッチャ…

  2. フィールディング

    タッグプレーで野選。そこで久慈コーチがやらせた練習は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は今日から秘密…

  3. フィールディング

    ドミニカ人が教える内野守備論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ドミニカ人の方が…

  4. フィールディング

    スローイングに悩んでいるなら試してみてください。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あのビリー・リプ…

  5. フィールディング

    【ゴールドグラブを受賞した選手に学ぶ】一塁手の体の使い方

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ML…

  6. フィールディング

    MLBのスプリングトレーニングから学ぶ《外野手の練習方法とは?》

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。僕は・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    【プホルス選手のバッティング理論から考える】選手のための指導とは?
  2. フィールディング

    13年目のシーズンでもこの練習は大切にしていた。
  3. マインド

    競技生活を長くできた理由とは?
  4. バッティング

    ホームランの打ち方は2つある。
  5. ベースボールIQ

    保護中: 【パスワードは今日のLINE@で!】目の前にボールがあったら拾いますか…
PAGE TOP