コーチング

【MLBドラフトが始まりました!】上位指名選手を見てみましょう

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日からMLBのドラフト会議が始まったんですが…

良い時代ですね^^

今ではMLBのドラフト会議で指名された選手のプレーをすぐに見ることができます。

ひと昔前では考えられなかったことですが、やっぱり世界のレベルを知っておくのは悪いことではありませんからね。ぜひ、今日は上位指名された選手たちのプレーを見ていきましょう。

まずは全体1位選手である捕手のアドリー・ラッチマン選手。

彼は昨日のツイッターでも紹介したんですが満塁で申告敬遠されるほどのバッターです^^;

そんな彼がプレーしている映像はコチラです。

それから全体2位。全体2位はショートを守るボビー・ウィットJr.選手。

1位のアドリー・ラッチマン選手も柔らかいプレーをする選手ですが、このボビー・ウィットJr.選手も非常に柔らかいプレーをする選手です。

そして全体3位。全体3位は一塁手のアンドリュー・ヴォーン選手。

力強いスイングをする選手です。

そして全体4位。全体4位は外野手のj.j.Bleday選手。

そして全体5位。全体5位も外野手のRiley Greene選手。

もっとご覧になりたい方はMLB Draft Trackerをご覧ください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. クロマティ氏が語る『バッターがクセにするべき事』
  2. イチロー選手が語る『肉体のこと』と『バッティングのこと』。
  3. ベースボールバイブルがマネジメントを始めました。
  4. 【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  5. ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』
PAGE TOP