バッティング

満塁で敬遠されたあの選手を思い出させてくれるバッターとは…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はあのバリー・ボンズ氏が現役時代に満塁で敬遠された日だったんですね。

1998年5月28日のダイヤモンドバックス戦。9回裏二死満塁。8-6でリードされた状況で打席に立ったボンズ選手。そこでダイヤモンドバックスはボンズ選手との勝負を避けてジャイアンツに1点を差し上げたんですね。そのあとどうなったかはこちらの動画をご覧ください。

相手チームに満塁でも敬遠をした方がマシだと思わせるほどの強打者だったバリー・ボンズ選手ですが、今年、同じように満塁でも敬遠した方がいいんじゃないかと思わせるくらい打っているのがドジャースのコディ・ベリンジャー選手です。

2019年5月28日時点での成績は打率が.383、ホームランが19本、打点49でOPSは1.230ですからね。とんでもない数字を残しているのがわかると思います。

そんなベリンジャー選手がこちらで面白い練習を紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 12歳の小さなアルトゥーベがすでに身につけている技術とは?
  2. 【最近、スローイングが話題のあの選手】彼はただ肩が強いだけの選手ではありませんよ…
  3. あの世界的プレイヤーがもっとやっておけば良かったと思っている事とは?
  4. 【打つ、投げる、走るに脱力を!】脱力の極意
  5. 内野手のためのドリルをご紹介します。

関連記事

  1. バッティング

    千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あの青島健太氏が…

  2. バッティング

    あのスーパースターがバッターボックスに入るたびに確認していた言葉とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、パッとスマ…

  3. バッティング

    【オリックス・吉田正尚選手】フルスイングに対する誤解

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今年の2月28日…

  4. バッティング

    ヒッチを使うバッターが続々登場!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、ヒッチにつ…

  5. バッティング

    プホルス選手のバッティング理論から考える【野球選手として成長するために…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は先日3,0…

  6. バッティング

    これからの野球界はバットを強く振れない選手は使ってもらえない。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は母校が登場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. ベースランニング

    一塁駆け抜けのルール
  2. ベースボールIQ

    野球というゲームを大きく変えた『極端なシフト』がなくなる?
  3. フィールディング

    【二死満塁でライト前ヒット】その時、MLBの選手の判断は…?
  4. フィールディング

    【ヤクルトの宮本コーチから学ぶ】チームの顔になるためには…
  5. バッティング

    【高校野球ドットコムさんのインタビュー記事から学ぶ】成功するバッターの頭脳
PAGE TOP