バッティング

満塁で敬遠されたあの選手を思い出させてくれるバッターとは…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日はあのバリー・ボンズ氏が現役時代に満塁で敬遠された日だったんですね。

1998年5月28日のダイヤモンドバックス戦。9回裏二死満塁。8-6でリードされた状況で打席に立ったボンズ選手。そこでダイヤモンドバックスはボンズ選手との勝負を避けてジャイアンツに1点を差し上げたんですね。そのあとどうなったかはこちらの動画をご覧ください。

相手チームに満塁でも敬遠をした方がマシだと思わせるほどの強打者だったバリー・ボンズ選手ですが、今年、同じように満塁でも敬遠した方がいいんじゃないかと思わせるくらい打っているのがドジャースのコディ・ベリンジャー選手です。

2019年5月28日時点での成績は打率が.383、ホームランが19本、打点49でOPSは1.230ですからね。とんでもない数字を残しているのがわかると思います。

そんなベリンジャー選手がこちらで面白い練習を紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【内野守備が強固なチームは強い!】ところで時代の流れを感じていますか?
  2. いや〜、良い画像
  3. 【大阪桐蔭のキャプテンから学ぶ】この時代に求められている野球選手とは?
  4. 【ソフトバンクの今宮選手から学ぶ】二塁走者の第2リード
  5. 【打つ、投げる、走るに脱力を!】脱力の極意

関連記事

  1. バッティング

    【伝説のバッター】ハンク・アーロン氏のバッティング理論とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。私たちは異次元の…

  2. バッティング

    世界一飛ばす選手のバッティング理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ジャンカルロ・ス…

  3. バッティング

    高校時代にホームランを打ったことなかった選手が選んだ道とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あの門田博光氏が…

  4. バッティング

    惜しくもMVPを逃したバッターから学ぶ【時代に流されない強さ】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、MLBの今…

  5. バッティング

    打者として追求し続けることは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は大谷翔平選…

  6. バッティング

    【ノーアウト2塁】あなたならどんなバッティングをしますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。面白い記事があっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. コーチング

    怪物ピッチャーを預かった監督が言っていたこと
  2. フィールディング

    結局、12月になってしまいました【野球センスを磨く方法です】
  3. フィジカル

    身体のキレとは?身体能力とは?
  4. フィールディング

    【星稜高校野球部名誉監督・山下智茂氏が語る】大阪桐蔭の強さの秘密
  5. フィールディング

    【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?
PAGE TOP