フィールディング

地道なことの積み重ねが名捕手への道なのかもしれない

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

あの高木豊氏と谷繁氏がお話している動画があったんですが、そこで谷繁氏がリードについて話していたんですね。

まあ、まずはその話を聞いてみてください。

「キャッチャーの思い通りにはならないので、とにかく我慢をしなさい」とか「インサイドの使い方」とか非常に参考になる話ばかりなんですが、やっぱり気になったのは記憶力の話ですね。谷繁氏はその試合でピッチャーが投げたボールを全て覚えて、試合後に大矢監督と答え合わせしていたそうです。

これ、どこかで聞いたことがあるなと思ったら、これでした。

自身を「ネガティブすぎる」と分析する甲斐の性格は、師匠と慕う野村克也氏の影響でもある。ホークスの大先輩捕手・野村氏の著作は、座右の書としてすべて読んでいるという。

「野村さんの本には、捕手の極意が書かれています。感銘を受けたのが『失敗には必ず原因がある』という言葉です。捕手は守備の要。負ければ全責任があります。だから試合後は、すべての配球をチェックし直し、なぜ打たれたのか徹底的に考える。気づいた点はノートに書き残し、繰り返し反省しています。ネガティブでないとキャッチャーはできません。勝てるのは投手のおかげ。『功は人に譲れ』というのも野村さんの言葉です」

日本シリーズMVP・甲斐拓也が語る「肩が弱くても走者は刺せる」|FLYDAY DIGITAL

私たちはキャッチャーとしての技術にばかり目が行きがちですが超一流のキャッチャーにはこんな地道な共通点もあったんですね。

ぜひ、参考にしてもらえればと思います。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界一のピッチャーの準備とは?
  2. 12歳の小さなアルトゥーベがすでに身につけている技術とは?
  3. 保護中: 【内野守備】鳥谷選手と上本選手の決定的な違いとは?【パスワードは3月2…
  4. 【5年連続2桁勝利】彼の話を聞いてみてください。
  5. 【サヨナラ勝ちで怒られた!】その理由は?

関連記事

  1. フィールディング

    1993年に56個のエラーをしたにも関わらずスーパースターになった選手とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。誰もが認める野球…

  2. フィールディング

    野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は野球選手の…

  3. フィールディング

    【カットプレー】この距離を覚えてください。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。過去にこんな記事…

  4. フィールディング

    【ヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーの基本練習とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。内野手の基本練習…

  5. フィールディング

    選手を育成する指導者の基本は…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。サッカーダイジェ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【ゴードン選手から学ぶ】なぜ、そこにいないといけないのか
  2. ピッチング

    メジャーリーガーたちも恐れたピッチングフォームが誕生したのは…
  3. フィールディング

    【ヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーの基本練習とは?
  4. フィールディング

    井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?
  5. バッティング

    球界最高のバッティング技術を持った選手の考え方
PAGE TOP