バッティング

【バッティング】コンタクト能力を高めるために…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はコンタクト能力を上げるためのお話です。

この話を聞いてからイチロー選手や角中選手のことを思い出してみてください。

小さい頃からたくさんのボールを打ってきた選手がなぜ強いのか。

よくわかると思います。

素振りだけでは感覚としてバットの芯の位置を覚えることができないんですね。

ぜひ、この話を聞いてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【2018シーズン無失策だった選手から学ぶ】現代の野球選手に求められている事とは…
  2. 【練習での割合は約1割】走塁を軽視していませんか?
  3. 【上手い外野手とそうでない外野手の違い】後ろの飛球の追い方とは?
  4. 【ゴードン選手から学ぶ】なぜ、そこにいないといけないのか
  5. 高校野球も熱い戦いを見せてくれていますが、社会人野球も熱い戦いをみせてくれていま…

関連記事

  1. バッティング

    超一流の打者たちのバッティングを解説!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。最近の高木豊チャ…

  2. バッティング

    【首位打者2回】少数派の構え方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。角中選手のバッテ…

  3. バッティング

    保護中: 天才と言われたバッターが語る『構え方』とは?【パスワードは1月29日のBBB通信で!】

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  4. バッティング

    【1994年に私が受けた衝撃】これまでの常識が壊された…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。懐かしい映像です…

  5. バッティング

    世界最高のインサイドアウトはどうやって身についたのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ベースボールバイ…

  6. バッティング

    スペシャルなバッターたちの打席での意識とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。アマゾンで在庫切…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【1994年に私が受けた衝撃】これまでの常識が壊された…
  2. フィールディング

    【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?
  3. バッティング

    長い長い甲子園の歴史で最も飛んだと言われているホームラン
  4. ベースランニング

    【アウト?セーフ?】打球が走者に当たった場合
  5. バッティング

    打者として追求し続けることは…
PAGE TOP