フィールディング

【世界基準】遊撃手の評価の仕方を間違えていないか?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日はジャッキー・ロビンソン・デーですね。

MLBの選手たちが42番の背番号をつけてプレーする日にフェルナンド・タティス・ジュニア選手がえげつないスローイングを魅せてくれました。

facebookのグループの中でイチロー選手の言葉を紹介してもらったんですが…

言われてみると確かに日本の高校生の中にこんなボールを投げているというか、投げようとしている選手はいませんね。

もちろん彼らのボールは異常ですけどこれが世界基準だということですね。まあ、私が阪神タイガースの小幡選手はプロでもショートを守れると言ったのは肩が素晴らしかったからです。(※【要注目!】プロでもショートを守れるであろう楽しみな高校生|ベースボールバイブル・オフィシャルブログ)

ですから、ぜひとも投げれる遊撃手を目指して欲しいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【映画『マトリックス』に学ぶ】速く動く方法
  2. 【1994年に私が受けた衝撃】これまでの常識が壊された…
  3. 【期待の新人選手から学ぶ】野球センス
  4. 【世界は広い!】18歳で160キロのスローイングをする選手
  5. 常に自分の体と向き合い続けている偉大なバッター
PAGE TOP