バッティング

【松井秀喜氏が教える】ホームランの打ち方とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日は松井秀喜氏がホームランを打つ極意を教えてくれていましたね。

その極意は「芯で打つこと」と「バットを体から離してボールに当たるまでの距離を長くすること」でした。

まあ、ぜひご覧になって野球の上達に役立ててください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2000本安打を達成した荒木選手に贈った落合氏の言葉
  2. この国はいつまで『ヒッチ=悪』なんでしょうね?
  3. 絶対になれないと言われた競技で世界一になったアスリートに影響を与えた人の哲学とは…
  4. 長い長い甲子園の歴史で最も飛んだと言われているホームラン
  5. 【落合博満×吉田正尚】バッティングに対する思考の違いとは?
PAGE TOP