マインド

柳田選手が感じている野球の魅力が面白い^^【あっ!新教材がアマゾンで販売されています】

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

プロ野球選手たちがそれぞれ感じている「野球の魅力」を教えてくれています。

まあ、優等生的なお話が多い中…

柳田選手は自由でいいですね^^;

でも、私もまさにそこが野球の魅力だと思うんですよね。

あっ、ぜひ聞いてみてください。

「ピュッて投げるのが楽しいし…、パーンて打つのが楽しい。」

確かに、確かに^^;

ぜひ、この柳田選手の言葉を参考にして野球少年たちに野球の楽しさを感じさせてあげて欲しいなと思います。こういうシンプルな考え方が意外と野球少年を上達させたりするんじゃないでしょうか。

さて、話は変わりますが…

先日から新教材の販売がスタートしております。

実は、あるプロ野球チームのスカウトの方と試合を見ていた時にそのスカウトの方がおっしゃった事を聞いてベースランニングの教材を作ろうと決意したんですが…

よく考えてみるとベースランニングというのはそんなに教わる機会がないんですよね。

例えば、SNSなんかを見ていてもバッティングやフィールディングの議論は活発にされていますがベースランニングの議論が活発にされることは全くありません。

もしかすると多くの方はそれくらいベースランニングに興味がないのかもしれませんが、私の周りからプロ野球選手になった選手でベースランニングが下手くそだった選手はいないんですよね。

要するにベースランニングというのは野球選手を評価する時の大きな評価基準になっているということなんですが…

例えば、あるスカウトの方に「〇〇高校はどうですか?」と聞いてみると「あそこの選手は走塁ができてないからな~」という言葉を本当によく聞きます。

これってもったいないじゃないですか。

野球選手としての能力はある。でも、ベースランニングができていないだけで評価が落ちてしまうんですからね。

じゃあ、だからといってベースランニングを丁寧に教えてくれることがあるかというと…

なかなかありませんよね^^;

教えてくれないんですから正しいベースランニングができるはずがありません。

まあ、教えない指導が流行っていますけど『ベースランニング』と『フォーメーション』だけはしっかりと教えてあげないといけません。

そうじゃないとできませんから。感覚で走る選手ばっかりになってしまいますからね。

そこで、ぜひともこの走塁教材をご覧いただきたいのです。

ぜひ、この機会に内容だけでも確かめてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【日本人打者として最高の技術を持ったバッター】真っすぐ立って、真っすぐ回れ?
  2. まるで手品のようなキャッチボール
  3. 【ソフトバンクホークス・和田毅投手に学ぶ】マウンドで考えていること
  4. 犬がボールを追いかけるように…
  5. 身体能力はセンスではない

関連記事

  1. マインド

    あなたを成長させてくれる人は誰ですか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ワールドカップを…

  2. マインド

    土曜日は母校の野球部のOB会でした。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。土曜日は母校…

  3. フィジカル

    壁にぶつかれる選手、壁を乗り越えれる選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、サンデーL…

  4. マインド

    野球選手なら自分の信じた道を歩めばいい。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。この時期は面白い…

  5. マインド

    野球選手としてもっともっと成長するためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、あるテレビ…

  6. マインド

    野球の神様はいつも何かを教えてくれている

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。U18W杯では苦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    千葉ロッテマリーンズ・井口資仁選手のバッティング理論
  2. コーチング

    あのメジャーリーガーが語る「MLB流コーチング」
  3. フィジカル

    補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  4. コーチング

    なぜ、あのチームからプロ野球選手が育つのか?
  5. フィールディング

    内野守備ドリル
PAGE TOP