フィールディング

【センター前タイムリー!】その時、ゴードン選手は?

こんにちは。
昨日は娘の卒業式に出席して感動してきたベースボールバイブルの東です。

日本でそのプレーの質の高さを見せつけているゴードン選手。

本当に脚が速いだけの選手じゃないんですよね^^

とにかく彼の動きには注目して欲しいんですが…

今日もひとつ紹介しておくとしたら、このプレーですかね。

3月17日の試合で坂本勇人選手がセンター前にタイムリーヒットを打つんですが…

まあ、とりあえず見ていただきましょうか。

さあ、ゴードン選手がどこに行ったかお分かりになったでしょうか?

わからなかった方はもう一度ゴードン選手の動きを確認してから次の動画を見てください。

はい、もうお分かりの通りゴードン選手は一塁ベースのベースカバーに向かったんですね。

まあ、当たり前なんですよ。当たり前のプレーです。

でも、この当たり前のプレーをしていない野球選手がどれだけいることか…

まあ、それが『知っていてやっていないのか』『そもそも知らないのか』はわからないんですけど、こういうことができていない野球選手はたくさんいます。

ですから、こういうパッと見ただけでは目に入ってこない動きを今日もよ〜く観察して欲しいなと思います。

あっ!それから…

ゴードン選手が立岡選手に盗塁に関するアドバイスをしていたので、ぜひその話も聞いておいてください。

「右足が動いてたから『走るな〜』ってわかった。『外せ、外せ』言ったんだけどね。(盗塁をする時も)いつもと同じように落ち着いて…」

どんな時でも落ち着いてやるべきことをやろうとしているからゴードン選手は当たり前のことが当たり前にできるんでしょうね。

日本でプレーしている選手もこういう選手が増えてくれると嬉しいです。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ヘッドスライディングは速いのか?
  2. 美人ほど整形したがる【野球界も一緒なのか?】
  3. 切り札をどこで使うかが野球センス!
  4. 保護中: 速いボールを投げるために脳の使い方を変えてみる【パスワードは今日のLI…
  5. 【西武ライオンズの水口選手から学ぶ】12球団で最も小柄な選手のスイング哲学
PAGE TOP