フィールディング

【カノ選手から学ぶ】バックハンドで捕ってからのスローイング

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

あのロビンソン・カノ選手がバックハンドからのスローイングのお話をしていましたよ。

まあ、何よりもカノ選手が佐々木(SSK)のグラブを使っていることに興奮してしまいますが…(確か昨年まではウィルソン)

今日はその話は置いといて…

でも、捕りやすそうな形ですよね^^

良い内野手はグラブを見ればわかりますからね〜

まあ、その話は置いときましょう。

で、

バックハンドからのスローイング。

カノ選手は多くの選手のようなジャンピングスローではなくランニングスローで投げてしまうわけですが…

これはワンステップで投げれるからだったんですね。

ジャンピングスローよりもこっちの方が速い、と。

まあ、確かに距離も近いですし、これで投げれるのであればこっちの方が速いですよね。

で、投げるのは「ブン!」^^

たった2文字ですからね。

長嶋茂雄氏のようなオノマトペですが、超一流の選手って実はそういう感覚を大切にしてますよね。

バックハンドで捕ったらワンステップで「ブン!」。

ぜひとも…、ぜひともトライしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手がよくやるロングティー。打ち方は何種類?
  2. 見えない部分を見れる選手。見えない部分を言葉にできる選手。それは…
  3. 世界一を目指して戦う選手たちから学べること。
  4. 内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】
  5. あのメジャーリーガーが大切にしているのはティーバッティング!でも、打席に立つと……
PAGE TOP