バッティング

【チャーリー・ブラックモン選手から学ぶ】世界トップクラスのバッターがやっている事

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

すでにこのブログでも何度か紹介させてもらっているチャーリー・ブラックモン選手。

実はナショナル・リーグの方にはアルトゥーベ選手以上にヒットを打っている(186安打)がいるんですね。その選手というのがチャーリー・ブラックモン選手です。

今シーズンの成績は打率.340、186安打、32本塁打で昨シーズンも打率.324、187安打、29本塁打と安定した成績を残している素晴らしいバッターなんですね。

ということで今日はチャーリー・ブラックモンという選手を知っていただき、その安定したバッティングをご覧いただきたいと思います。

【ナショナル・リーグのリーディングヒッター】チャーリー・ブラックモン選手のバッティングを見てみる|ベースボールバイブル・オフィシャルブログ

ご覧の通り、毎年安定した成績を残しながらついに昨シーズン(2017年)、首位打者と最多安打を獲得したのがブラックモン選手です。特に2017年の成績は素晴らしいですよね。644打数213安打で打率が.331。本塁打が37本で打点は104打点。出塁率.399で長打率が.601。OPSはちょうど1.000。そして盗塁も14。これだけの選手ですから、もっと日本でも話題になってもいいんですけどね。ちなみについ最近、ロッキーズと6年総額1億800万ドル(約115億円)で契約しましたので約19億円プレイヤーです。そして、今年もすでに7本塁打を打ち、その打率は.309。出塁率は.387で長打率が.745。OPSはなんと1.132です。

そんな彼のバッティングで私が最も気に入っているところは彼の右肩です。ぜひ、彼の動かない右肩をご覧ください。

私が考える究極のバッティングフォームを持つ男とは?|ベースボールバイブル・オフィシャルブログ

私が大好きなバッターです^^

そんなブラックモン選手がついに『30 Clubs in 30 Days』に取り上げられましたので、今日はその動画を紹介させていただきます。

彼が言っている言葉が理解できるかどうかは置いといて、この動画を見れば彼がどういう意識でバッティングに取り組んでいるかはわかると思います。

過去にはこんなツイートをさせていただいたんですが…

呑気なスイングをしてないでこのレベルまで行こうとして欲しいですね^^

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
  2. 【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  3. バックアップがチームを救う
  4. 焦りは禁物。
  5. 【こんな時代の選手だからこそ…】身体操作術を極めてみる

関連記事

  1. バッティング

    “呪縛”が解かれたら大爆発!こんな野球選手がたくさんいます。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。まず最初に……

  2. バッティング

    【貴重映像】コディ・ベリンジャー選手の少年時代

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンデビュ…

  3. バッティング

    哲学を作り上げる時は経験も大切にしてください!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、こんな記事…

  4. バッティング

    【あの大打者が語る】バッターがやるべき練習とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。1997年の映像…

  5. バッティング

    あのピート・ローズ氏が最高の練習だと言っているのは…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。MLBの歴史の中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    ロビンソン・カノ選手が実践しているカノ・ドリルとは?
  2. コーチング

    野球の指導者として一番大事なものは…
  3. フィールディング

    保護中: 【守備のセンスを磨くために】まず、やるべき事とは…(パスワードは3月2…
  4. フィールディング

    保護中: 【こういう指導が選手を苦しめる!】最高にわかりやすい例を見つけました。…
  5. ピッチング

    プロ野球選手とアマチュア選手に見えるキャッチボールでの意識の差
PAGE TOP