ベースランニング

盗塁のスタートを良くするための反応練習法とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

あまりにも素晴らしい練習なので思わず紹介したくなりました。

走塁練習です。

盗塁の反応練習ですね。

で、

ちょっと質問です。

盗塁のサインが出たらピッチャーのどこを見てます?

まあ、盗塁じゃなくても、

一塁ランナーの時、ピッチャーのどこを見てますか?

足!

っていう人、多くないですか?

もちろん足でも良いんですよ。

けど…

僕の経験、

それから、

いろんな野球人に聞いたところ…

「足だけを見ると体が動かない。」

っていう選手が多いんですよね。

要はスタートが切りにくい。

と。

で、おそらく…

というか、

人から聞いた話ですが…

「一点に集中してしまうと、体が硬まってしまう。だから、一歩目が出なくなる。というか、出にくくなる。」

と言うわけです。

じゃあ、どこを見たらエエねん!?

っていう話ですよね。

それは、

全体を見る。

全体をボヤッと見る。

すると一歩目が出やすくなるそうです。

でね、

さすが石井啄郎コーチです!

そういう練習をさせてるんですよね。

まあ、実際は分かりません。

声が聞こえませんからね。

けど、ランナーに全体を見ようとさせているような気がします。

まあ、ぜひ見ていただきたいんですが…

右半身が動いたら帰塁。

左半身が動いたらスタート。

で、おそらく…

右目、左目まで使ってる?

ような気がします。

目から足まで。

右と左。

これは合図を出す人の全体を見ないと絶対に判断できないですよね。

さすがです。

まあ、この記事は僕の想像だけで書きましたけど…

ぜひ取り入れてみて下さい。

では、動画をどうぞ。

20year

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ビル・リプケン氏から学ぶ】打者を抑えるための配球理論とは?
  2. 【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?
  3. 野球選手はバッティングの時の打球音を聞いてみよう!
  4. 【映画『マトリックス』に学ぶ】速く動く方法
  5. あのオジー・スミス氏が教えている守備の基本とは?

関連記事

  1. ベースランニング

    【一塁ランナー】牽制をもらう方法ともらわない方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。週刊ベースボール…

  2. ベースランニング

    【良い選手になるために…】決して隙は見せない!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は面白いプレ…

  3. ベースランニング

    【挟殺】決して諦めるな!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。【挟殺】…

  4. ベースランニング

    【ソフトバンクの今宮選手から学ぶ】二塁走者の第2リード

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はソフトバン…

  5. ベースランニング

    【アウト?セーフ?】打球が走者に当たった場合

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日の阪神と巨人…

  6. バッティング

    すでに世界最高レベルの野球選手だということが証明された大谷翔平選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。大谷翔平選手がM…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    バックアップがチームを救う
  2. フィールディング

    野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。
  3. フィジカル

    誰も教えてくれなかった『あなたの体の使い方』
  4. コーチング

    ベースボールバイブルがマネジメントを始めました。
  5. ピッチング

    あのトム・ハウス氏が指導している貴重な映像
PAGE TOP