フィールディング

ゴールドグラブ賞を11回受賞した遊撃手が教える『ゴロの捕り方』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

MLBで遊撃手として歴代1位の2654試合に出場し、通算守備率も歴代1位の.984。そして、あのオジー・スミス氏(13回)に次ぐ11回のゴールドグラブ賞を受賞したオマー・ビスケル氏。

小柄な選手ながら、そのプレーは多くの野球ファンを魅了するものでした。

そんなオマー・ビスケル氏がグラウンドボール(ゴロ)の捕球方法を教えてくれている貴重な映像がありましたので、今日はその映像を紹介させていただきます。

ぜひ、オマー・ビスケル氏の教えを参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. MLBを代表するヒットメーカーたちの共通点とは?
  2. 内野守備が巧くなりたければ本能を呼び起こせ!
  3. 【育成選手としてどう戦う?】黒田響生選手へ
  4. ホームランの打ち方は2つある。
  5. 長い長い甲子園の歴史で最も飛んだと言われているホームラン

関連記事

  1. フィールディング

    野球の守備とベースボールの守備はどう違うのか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は広島カープ…

  2. フィールディング

    【要注目!】プロでもショートを守れるであろう楽しみな高校生

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ツイッターを見て…

  3. フィールディング

    地道なことの積み重ねが名捕手への道なのかもしれない

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。あの高木豊氏と谷…

  4. フィールディング

    【甲斐選手も手本にした】あの選手が教えるキャッチャーの基本

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本シリーズでの…

  5. フィールディング

    【世界基準】遊撃手の評価の仕方を間違えていないか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はジャッキー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    MLBのスプリングトレーニングから学ぶ《外野手の練習方法とは?》
  2. バッティング

    【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?
  3. フィールディング

    海外の野球少年たちはこんな守備練習をしている。
  4. フィールディング

    【内野守備が強固なチームは強い!】ところで時代の流れを感じていますか?
  5. 教材をご購入いただいた方へ

    保護中: 〜あなたに知って欲しい5つの話〜 BASEBALL BIBLE【004…
PAGE TOP