フィールディング

ゴールドグラブ賞を11回受賞した遊撃手が教える『ゴロの捕り方』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

MLBで遊撃手として歴代1位の2654試合に出場し、通算守備率も歴代1位の.984。そして、あのオジー・スミス氏(13回)に次ぐ11回のゴールドグラブ賞を受賞したオマー・ビスケル氏。

小柄な選手ながら、そのプレーは多くの野球ファンを魅了するものでした。

そんなオマー・ビスケル氏がグラウンドボール(ゴロ)の捕球方法を教えてくれている貴重な映像がありましたので、今日はその映像を紹介させていただきます。

ぜひ、オマー・ビスケル氏の教えを参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【お前たち最高だぜ!】監督のイメージチェンジが選手の能力を発揮させた?
  2. ”遊び”がなければ20勝投手は生まれなかった
  3. 【実はボールを捕れる選手が少ないという事実】ボールを捕れる選手を目指して!
  4. 背面キャッチをやってみた【野球選手としてプレーの精度を高めるためには…】
  5. 保護中: あなたの打率を上げるための動画です【パスワードは本日のBBB通信で!】…

関連記事

  1. フィールディング

    日本野球の守備に問題があるのはもう分かった。だったら次のレベルに進もう!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は面白い動画を見つ…

  2. フィールディング

    まるで手品のようなキャッチボール

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。みなさん!…

  3. フィールディング

    オリックス・安達了一選手が教える守備の奥義とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。本当に堅実な守備…

  4. コーチング

    野球選手としての本能を大切にしていたんだろうなと感じる動画。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。これは僕個人が勝…

  5. フィールディング

    【日本一の二塁手から学ぶ】スーパープレーができる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は侍ジャパン…

  6. フィールディング

    あのオジー・スミス氏が教えている守備の基本とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は面白い動画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【ワールドベースボールクラシックで見えてきた】強打を誇るチームの打球傾向
  2. フィールディング

    ドミニカ人が教える内野守備論
  3. マインド

    【田口壮氏が語る】自身の高校時代
  4. ピッチング

    今、世界一のピッチャーはクレイトン・カーショウ投手!
  5. バッティング

    どうしたら野手がプロ野球選手になれるか考えてみたことはありますか?
PAGE TOP