フィールディング

ゴールドグラブ賞を11回受賞した遊撃手が教える『ゴロの捕り方』

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

MLBで遊撃手として歴代1位の2654試合に出場し、通算守備率も歴代1位の.984。そして、あのオジー・スミス氏(13回)に次ぐ11回のゴールドグラブ賞を受賞したオマー・ビスケル氏。

小柄な選手ながら、そのプレーは多くの野球ファンを魅了するものでした。

そんなオマー・ビスケル氏がグラウンドボール(ゴロ)の捕球方法を教えてくれている貴重な映像がありましたので、今日はその映像を紹介させていただきます。

ぜひ、オマー・ビスケル氏の教えを参考にしてみてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 補殺数の世界記録を持つオジー・スミス選手。彼がどんな体を持つ選手だったか知ってい…
  2. 「柔軟性」「柔軟性」「柔軟性」…
  3. どれだけ時代が変わってもキャッチボールを見れば野球選手のレベルはわかる。
  4. 広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢
  5. 高卒1年目の選手が課題に立ち向かう姿を、どうぞ。

関連記事

  1. フィールディング

    上手にボールを捕れていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。イチロー選手と浅…

  2. フィールディング

    【内野守備】ソフトバンクホークスの秋季キャンプから学ぶ

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本一になったソ…

  3. フィールディング

    【マット・アントネッリ氏から学ぶ】ハンズ・ルーチン

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今のところ201…

  4. フィールディング

    【1点差で一死一、三塁】そこでショートゴロが飛んだんですが…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球って難しいで…

  5. フィールディング

    保護中: 【内野手の基本】素手とグラブの違いを知ろう!(パスワードは3月16日[金]のBBB通信もし…

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    野球選手がホームランを打ちたいと思ったら、ここからスタート!
  2. フィールディング

    【ヤディアー・モリーナ選手から学ぶ】キャッチャーの基本練習とは?
  3. フィールディング

    25年ぶりに130試合以上に出場して捕逸がわずか『2』だったキャッチャーとは?
  4. コーチング

    偉大な指導者からの教え【野球選手を伸ばすコミュニケーション方法とは?】
  5. ベースランニング

    【鈴木尚広氏から学ぶ】誰も教えてくれなかった盗塁のコツ
PAGE TOP