バッティング

良いバッターはやっぱりバッティング練習から違う…

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

やっぱり良いバッターのスイングっていうのは見ていて気持ちが良いですね。ということで今日は3人のバッティングをご覧ください。

ツイッターやインスタグラムなんかを見ていても良いバッターのバッティングを見つけるとだいたい見てしまうんですよね。

昨日はこのスイングに見入ってしまったんですが…

ユニフォーム姿ではないのでこれだけ見てもすぐには誰かわかりませんよね。私の場合は1スイング目で感心し、2スイング目でこのバッターが只者ではないということに気づき、3スイング目にはこれはノーラン・アレナド選手だと気づいたんですが、あなたもこのバッターが只者ではないということはすぐに気づいたと思います。

まあ、ノーラン・アレナド選手というのは毎年3割、40本、100打点に近い数字を残す異次元なバッターなんですが、そういうレベルの選手のバッティングというのはこういうフリーバッティングから違うんですね。まあ、当たり前ですが…^^;

ですから、たかがフリーバッティングだと思わずにレベルの高いフリーバッティングができるように頑張ってください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【バッティング】スイングする時、軸足に体重は残ってない?
  2. ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?
  3. 【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し
  4. ”遊び”がなければ20勝投手は生まれなかった
  5. 【要注目!】プロでもショートを守れるであろう楽しみな高校生
PAGE TOP