バッティング

ナショナルリーグ・打率2位の打者からバッティングを学ぶ

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

突然ですがシンシナティ・レッズのスクーター・ジェネット選手をご存知でしょうか?

彼は今シーズン(2018年)、二塁手として154試合に出場し、638打席で181安打(打率.310)も打った素晴らしいバッターです。この.318という打率はナショナルリーグで2番目の数字でした。

身長は178センチだそうですがもう少し低い印象ですかね。それでも2017年には1試合4本塁打、10打点、17塁打という驚異的な数字を残したりもしています。

守備でもこんなプレーができる選手です。

さて、そんなスクーター・ジェネット選手がどうやってタイミングをとっているのかを教えてくれている動画とスプリングトレーニングで行っている練習を教えてくれている動画がありました。

一瞬なのでわかりませんでしたけど打っていたのは何かの種ですかね?

まあ、とにかくティーバッティング(置きティー)をした後に動いているものを打つ。これは鉄板ですね。

ぜひ、スクーター・ジェネット選手の動画を参考にしてみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. MLBを代表するヒットメーカーたちの共通点とは?
  2. 【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?
  3. 【1点差で一死一、三塁】そこでショートゴロが飛んだんですが…
  4. 【名手ペドロイア選手が教える】正面でガッチリとゴロを捕球したら次はどう動くのか?…
  5. 井端コーチが言ったとされる「ゴロは右足の前で捕れ」。この言葉の捉え方を間違えると…
PAGE TOP