フィールディング

柔らかいプレーができる選手って減ってきてません?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

自分の体を自由自在に操れて、高い精度でボールを扱える選手ってやっぱり魅力的ですよね。例えば、こういうプレー。

オドーア選手なんてダブルプレーの場面でもおかまいなしでボールを捕りに行きますからね。

まあ、世界のトップ選手たちというのはどんな捕り方をしてもどこからでも送球しますね。過去に紹介した動画ですがMLBで3度もゴールドグラブ賞を獲得したブランドン・クロフォード選手なんかはトリッキーなプレーをいとも簡単にこなしてしまいます。

こんな難しいことをしてるのにプレーに硬さを感じませんもんね。というより柔らかいです。まあ、これがMLBでゴールドグラブ賞を獲れるレベルの選手なので、ぜひともこういうプレーというか柔らかさを真似してほしいなと思います。どうも強さにこだわって柔らかさを失ってしまっている選手がたくさんいるみたいなので…

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワンランク上の選手になるための『キャッチボール論』
  2. 【目先の1安打も大事だけど…】打者・大谷翔平選手から学ぶべき事とは?
  3. どれだけ時代が変わってもキャッチボールを見れば野球選手のレベルはわかる。
  4. ”遊び”がなければ20勝投手は生まれなかった
  5. 【サードを守る選手のための…】バディ・ベルドリル
PAGE TOP