フィジカル

野球選手は体を上手に扱えてこそ!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

阪神タイガースの藤浪選手に関するこんな記事がありました。

阪神・藤浪晋太郎投手(24)は9日、親交あるJRA騎手の武豊(49)が総合プロデューサーを務める京都市内の「TAKE PHYSICAL CONDITIONING GYM」で自主トレーニングしたことを明かした。「武豊塾」で強靭な体幹を誇る騎手特有のバランス感覚を吸収し、完全復活を期す来季へ“TAKE OFF”する。

逆襲への“ゲートイン”完了だ。12月上旬、藤浪は人知れず京都に足を運んでいた。「タケ」と書いて「テイク」と読む同ジムは、親交の深い武豊から紹介され、門を叩いた。

「テレビでも(武豊が)どういうトレーニングをしているのか知っていて、自分から“やらせてもらっていいですか”と言った」

ディープインパクトなど幾多の名馬の主戦を務めJRA通算4000勝も達成した「レジェンド」も週2、3回のペースでコンディショニングのために通っている。藤浪も過去に数度、訪れたことはあるが「本格的にメニューを組んでもらったのは初めて」と、今回は同ジムのCEO(最高経営責任者)で理学療法士の長谷川聡氏が作成したメニューで約1時間、汗を流した。

「ダルビッシュさんからも教わって、ウエートも続けて体もしっかりできてきた中で、今度はその体をしっかりモノにしたい。せっかく体が大きくなったのに、使い切れていない。ウエートも継続しつつ、体をうまく扱えるようにしようと」

狙いは明確だ。昨オフ、米国で合同自主トレしたダルビッシュ(カブス)から伝授された数多くの筋力強化メニューで鍛え上げた体重100キロ超の肉体に、トップジョッキーが備える強靭な体幹を生かしたボディーバランスを融合させる。鬼に金棒の“レジェンドボディー”に進化させ、マウンドでのパフォーマンス向上につなげる。

阪神・藤浪「武豊塾」入門 最強騎手プロデュースジムで“最強ボディー”に進化へ|スポニチアネックス

まあ、どんなトレーニングを選択するかは置いといて、この話は大切な話ですね。

「ダルビッシュさんからも教わって、ウエートも続けて体もしっかりできてきた中で、今度はその体をしっかりモノにしたい。せっかく体が大きくなったのに、使い切れていない。ウエートも継続しつつ、体をうまく扱えるようにしようと」

やっぱり野球選手は自分の体を扱えてこそですからね。ぜひ、藤浪選手のお話を参考にしてほしいなと思います。

では、また。

あっ!自分の体を扱えるためにこの教材も参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【一塁ランナー】牽制をもらう方法ともらわない方法
  2. 【現在ナショナル・リーグ打率3位】ジャスティン・ターナー選手のバッティング理論
  3. ”遊び”がなければ20勝投手は生まれなかった
  4. クリス・ブライアント選手の無駄のないスイング
  5. 野球選手はマンダラートを使え!

関連記事

  1. フィジカル

    少年野球は少年サッカーから体づくりを学ぶべきである。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。僕自身は常に少年…

  2. フィジカル

    絶対になれないと言われた競技で世界一になったアスリートに影響を与えた人の哲学とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。やっぱり、いつ見…

  3. ピッチング

    投げる事と真剣に向き合ってきたアスリートが日本人に伝えている事とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。突然ですがあなた…

  4. ピッチング

    【結局の話】勝つのは感度が高い選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズンからM…

  5. フィジカル

    壁にぶつかれる選手、壁を乗り越えれる選手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、サンデーL…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【センター前タイムリー!】その時、ゴードン選手は?
  2. コーチング

    指導者は野球選手の枠を破壊してやる!【バッティング指導法】
  3. バッティング

    180キロ以上の打球が打てる大谷翔平という怪物
  4. バッティング

    あの選手がバットの軌道を変えた理由
  5. フィジカル

    野球選手として自分の体をコントロールするために…
PAGE TOP