マインド

強烈なリーダーシップを持つ男に注目!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

我が母校である敦賀気比高校がセンバツで優勝した時のキャプテンである篠原涼選手(筑波大)の記事が出ていました。

正真正銘のリーダーと呼べる野球人は、毎年、現れるものではない。ドラフト補強において、実力のある選手を獲得するのは当たり前だが、球団の将来ビジョンを見据えた場合、チームを支える大黒柱は必ず必要である。投手は毎試合、出場しない。つまり、常時、グラウンドに立つ野手こそがけん引役に適している。

12月1日から3日まで、愛媛・松山で侍ジャパン大学日本代表候補合宿が行われた。全国26大学連盟から推薦された39人が参加した。このメンバーの中で待ちに待った注目選手が、筑波大・篠原涼内野手(3年・敦賀気比)だった。新戦力発掘が今合宿の目的の一つであったが、かつてのリーダーの初招集に「ようやく、選ばれた!!」というのが正直な思いだ。

2015年9月、甲子園を主会場に開催されたU18ワールドカップ。高校日本代表のキャプテンを務め、銀メダル獲得に貢献したのが篠原だ。同春には敦賀気比をセンバツ初制覇へ導いた主将でもある。日の丸を背負い、世界一をかけた真剣勝負においても、持ち前のリーダーシップを発揮。当時唯一、1年生でメンバー入りした早実・清宮幸太郎(日本ハム)に対し、兄貴分役として接する優しさが印象に残った。

高校日本代表を率いた大阪桐蔭高・西谷浩一監督も急造チームを短期間で束ねた人間性に、一目を置いていた。グラウンドでは身を粉にして動き、試合後のインタビューでは的を射た発言に徹する。高校球児とは思えない洗練されたキャラクターは、各メディアからも「支持者」は多かったと記憶する。

筑波大でも地道に努力を重ね、この秋、明治神宮大会に出場。久しぶりに全国舞台へと戻ってきた(一番・三塁)。近大との初戦で敗退したとはいえ、ビハインドの最終回には気迫の中前打を放つなど、高校時代と変わらないガッツあふれるプレーに目を奪われた。

試合後の取材では3年生ながら、すでにチームを背負う覚悟がにじみ出ていた。大学日本代表においても、間違いなく「戦力」になる。実力に加えて、数字に現れない部分で期待できるのが篠原の魅力であるからだ。

大学卒業後の進路については「上のレベルで、野球を続けたい」と、プロも選択肢の一つだという。プレー以外にも目を凝らすスカウトは、篠原の献身的な言動は当然、パーソナルデータに入力しているはず。2019年、チームにプラスαをもたらす正真正銘の優等生プレーヤーに、要注目だ。

スカウトはプレー以外にも目を凝らす。筑波大・篠原涼は「数字」以外でも戦力になる|週刊ベースボールONLINE

これは篠原選手にとっては嬉しい記事でしょうね。そして彼のリーダーシップを評価してくれる球団がどこの球団なのか楽しみです^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 土曜日は母校の野球部のOB会でした。
  2. 【6年前にドラフト指名を受けたあの選手が…】今シーズンはショートでここまで失策0…
  3. 【マイク・ローウェル氏から学ぶ】若いうちから知っておいて良かった事とは?
  4. 正解だと思ってたことはすぐに覆る!
  5. 保護中: 【多くの野球人がよく間違える『グラブを立てる』】その方法を知っています…
PAGE TOP