フィールディング

これからのキャッチャーに求められている技術とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ピッチャーが投げるボールがどんどん速くなってますよね。高校野球でも150キロを投げるピッチャーがどんどん出てきますし、それはそれは素晴らしいことなんですが…。キャッチャーは大変ですよね。150キロのワンバウンドなんて投げられたらたまったものではないでしょう。そこで、この動画で150キロぐらいのワンバウンドが投げられた時や強烈な変化球がワンバウンドになった時にMLBのキャッチャーたちはどう対処するのかを見てみてください。

もちろん基本的なブロッキングの形はあるんですが150キロを超えたり、あれだけの変化球を投げられたら基本的なブロッキングでは間に合わないんですね。ですから、キャッチャーはブロッキングの形にこだわりすぎることのないようにしてほしいのと、あとはハンドリングですね。MLBのキャッチャーたちを見ているともしかすると内野手よりもハンドリングがうまいんじゃないかと思ってしまいますよね。ですから、これからのキャッチャーはハンドリングを磨くことも忘れてはいけないんじゃないかなと思います。ぜひ、内野手よりもうまくなってください。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 引きつけて打つから前で捌くへ!
  2. 【目先の1安打も大事だけど…】打者・大谷翔平選手から学ぶべき事とは?
  3. 今年最も印象に残った野球選手は…?
  4. 【抜群の制球力】その理由は…
  5. 【日本野球界のトッププレイヤー】その野球理論を聞いてみてください
PAGE TOP