フィジカル

やっぱり、こういう選手は魅力がありますね

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日、ご紹介させていただいた「瞬達めがね」が売り切れてしまったようですが木曜日から販売を再開する予定ですので申し訳ございませんがお待ちいただいている方はもう少々お待ちください。

さて、実は今年の7月にひとりの高校球児を紹介させていただいたんですが…

さて、今日は…

私が今後、素晴らしい選手になっていくんだろうなと思っている一人の高校生を紹介しようと思います。

その選手は延岡学園のショートを守る小幡竜平選手なんですが、ショートを守る動きが俊敏で、日本ではすでにトップレベルじゃないかと思うほどの強くて安定したスローイングを魅せてくれる素晴らしい選手です。

今年の選抜では一回戦で負けてしまい、彼自身もミスをしていましたが、その能力は一人だけ群を抜いていました。

これまでの歴史で数々の選手が高校ナンバー1遊撃手と言われてきましたが実際にプロでショートを守れた選手というのはほとんどいません。それほどプロ野球の世界でショートを守るというのは難しいということですが、私の中ではこの小幡選手というのはプロでもショートでレギュラーを獲るんだろうなと思わせてくれる数少ない選手です。

【要注目!】プロでもショートを守れるであろう楽しみな高校生|ベースボールバイブルオフィシャルブログ

そして今日、この小幡選手の記事が出ていました。

阪神の新人6選手が2日、甲子園の室内練習場で体力測定を行い、ドラフト2位の小幡竜平内野手(18)=延岡学園=が“新庄級”の身体能力をアピールした。30メートル走は参加選手中トップの3秒98。「自分では足が速いと思ったことがないので…」と、自身も驚く数字は、足が武器の昨季のドラフト4位・島田の3秒99を上回り、チームトップの江越、植田に匹敵するものだった。

チーム4年ぶりの高卒野手ルーキーはダイヤの原石だ。「小幡君は素晴らしかった。(30メートル走)4秒切るのは大したもの。見た感じスピード感はないけど、バランスよく走っている」と伊藤トレーニングコーチが好評価。垂直跳び71センチも、新人時代の鳥谷の70センチを上回る驚異的な数字だった。

【阪神】ドラ2小幡竜平“新庄級”の身体能力…新人体力測定|スポーツ報知

このダイヤの原石がこれからどういう選手になっていくのか本当に楽しみです。

やっぱり「走れて、投げれる」選手というのは魅力がありますからね^^

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 今シーズン絶好調のあのチーム。その強さの秘密は打者たちの意識の変化にあった?
  2. 保護中: 速いボールを投げるために脳の使い方を変えてみる【パスワードは今日のLI…
  3. ピッチングフォームを分析する『エクステンション』とは?
  4. あの大打者がやっているバッティング練習法とは?
  5. 結局、12月になってしまいました【野球センスを磨く方法です】

関連記事

  1. フィールディング

    柔らかいプレーができる選手って減ってきてません?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。自分の体を自由自…

  2. フィジカル

    スーパースターたちのスーパースターになる前の姿を見てみましょう!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。Perfect …

  3. フィジカル

    少年野球は少年サッカーから体づくりを学ぶべきである。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。僕自身は常に少年…

  4. フィジカル

    【こんな時代の選手だからこそ…】身体操作術を極めてみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日もテレビで史…

  5. フィジカル

    誰も教えてくれなかった『あなたの体の使い方』

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。新教材の販売がス…

  6. フィジカル

    これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日、ちょっと書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【MLBゴールドグラブ賞発表】ついでにあの選手のゴロの捕り方を横から見てみる
  2. ベースボールIQ

    見えない部分を見れる選手。見えない部分を言葉にできる選手。それは…
  3. バッティング

    【レッドソックスが世界一!】その強さの秘密とは?
  4. フィールディング

    【日本とアメリカ】スローイングの時によくある違いとは?
  5. フィジカル

    誰も教えてくれなかった『あなたの体の使い方』
PAGE TOP