フィールディング

【ゴールドグラブを受賞した選手に学ぶ】一塁手の体の使い方

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今シーズン、MLBで一塁手として2度目のゴールドグラブ賞を受賞したシカゴ・カブスのアンソニー・リゾ選手。彼は体の使い方が本当に上手なんですよ。まあ、ぜひ彼の守備をご覧ください。

このリゾ選手。身長が190cmで体重は100kg。これほど大きな選手があれだけ柔らかいプレーをするんですね。ですから、ぜひともリゾ選手の動きを多くの選手に参考にしてほしいなと思うんですけども…。ちょうどリゾ選手がノックを受けている動画があったので、今日はその体の使い方やファーストミットの使い方をよ〜く見てほしいなと思います。この動画はきっと勉強になると思いますよ。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【15歳〜16歳】ドミニカの遊撃手たちを見てみる
  2. これ、できます?【野球選手ならできてほしい!】
  3. 世界最高のインサイドアウトはどうやって身についたのか?
  4. キャッチャーはキャッチャー練習だけしていてもダメだ!
  5. 強いチームには良い空気が流れている。

関連記事

  1. フィールディング

    内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ツイッターの中で…

  2. フィールディング

    MLBの内野手は「ドッシリ」「ガッチリ」捕らない?そんな事はありません

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。内野守備の話にな…

  3. フィールディング

    【甲斐選手も手本にした】あの選手が教えるキャッチャーの基本

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本シリーズでの…

  4. フィールディング

    【二塁手】ダブルプレーのターンはどっち?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は二塁手のお…

  5. フィールディング

    【サードを守る選手のための…】バディ・ベルドリル

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。サードを守る選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【内野守備】世界一の内野手はどうして育ったのか?
  2. フィールディング

    【内野手のゴロ捕球】捕球する時のひとつの技術とは?
  3. フィールディング

    どれだけ時代が変わってもキャッチボールを見れば野球選手のレベルはわかる。
  4. バッティング

    【敦賀気比高校出身の吉田正尚選手と西川龍馬選手】打者としてのタイプが違う2人なの…
  5. ピッチング

    最高のストレートを投げれる理由【タメの作り方】
PAGE TOP