バッティング

【覚醒中のあのバッター】彼がティーバッティングでやっている事

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

名手で知られるフランシスコ・リンドーア選手。

実はデビューした頃(2015年)から素晴らしいスイングをする選手ではありましたが今シーズンはなんと38本塁打!良いスイングをしてるなとは思えても1シーズンで38本もホームランを打つ選手になるとは予想できませんでした。

さて、そんなリンドーア選手が自身の練習を教えてくれています。

ボールを高めに設定してティーバッティングをしたり、テープとテープの間を狙ったり…。ぜひ、今日はリンドーア選手から学んでみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 私が考える究極のバッティングフォームを持つ男とは?
  2. 野球選手である限り技術の追求に終わりはない!
  3. 【名手ペドロイア選手が教える】正面でガッチリとゴロを捕球したら次はどう動くのか?…
  4. 【想像を絶する大活躍】小さい選手が打てる理由
  5. 野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。
PAGE TOP