バッティング

【覚醒中のあのバッター】彼がティーバッティングでやっている事

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

名手で知られるフランシスコ・リンドーア選手。

実はデビューした頃(2015年)から素晴らしいスイングをする選手ではありましたが今シーズンはなんと38本塁打!良いスイングをしてるなとは思えても1シーズンで38本もホームランを打つ選手になるとは予想できませんでした。

さて、そんなリンドーア選手が自身の練習を教えてくれています。

ボールを高めに設定してティーバッティングをしたり、テープとテープの間を狙ったり…。ぜひ、今日はリンドーア選手から学んでみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. どれだけ時代が変わってもキャッチボールを見れば野球選手のレベルはわかる。
  2. バッティングの調子が悪くなってしまったら…
  3. ビリー・ハミルトン選手のリードとは?
  4. 【首位打者2回】少数派の構え方とは?
  5. ホームベースより前に転がった打球は全部自分のボールだと思え!
PAGE TOP