フィールディング

【甲斐選手も手本にした】あの選手が教えるキャッチャーの基本

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

日本シリーズでの新記録となる6連続盗塁阻止で強烈なインパクトを残しMVPを受賞した福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也選手。そんな甲斐選手がキャッチャーとして手本にしていたのは達川光男氏が言うには炭谷選手だったそうです。

実は甲斐の師匠、手本は炭谷なんです。甲斐は捕球や送球もすべて炭谷の真似をしてきた。キャッチャーミットも炭谷モデルを譲り受けて使っているし、セカンド送球で捕球寸前に半歩左足を踏み出すフォームになったのも炭谷を研究したからです。だから甲斐は炭谷の前では直立不動です。

SB甲斐を育てた達川光男氏「甲斐の手本は西武・炭谷です」|NEWSポストセブン

その炭谷選手が「パーソル パ・リーグTV野球教室」でキャッチャーとしての基本を教えてくるえていましたので、今日はその動画を紹介させていただきます。ぜひ、あなたも炭谷選手から学んでみてください。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ボールを捕るときにジャンプをすると目線がブレない。
  2. 野球選手がホームランを打ちたいと思ったら、ここからスタート!
  3. 【器・手塩・針金】選手はこうして育成する
  4. ヘッドスライディングは速いのか?
  5. 【サードを守る選手のための…】バディ・ベルドリル
PAGE TOP