フィールディング

【実はボールを捕れる選手が少ないという事実】ボールを捕れる選手を目指して!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

野球選手なんですからボールを捕る能力は大切なはずなのにボールを捕れる選手が少ないのが野球界です。ですから、こういう練習をたくさんした方がいいんじゃないでしょうか。

結局はボールを捕れる選手が生き残るのが野球界なのにボールを捕れる選手を育てようとしていないのがアマチュア球界です。

ですから、高い確率でボールを捕れる選手を目指して欲しいんですね。

そして最終的にはこんなことができるようになるといいんじゃないでしょうか。

さあ、レッツトライ!

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【斎藤隆氏のMLBリポート】1Aの目的とは?
  2. 野球の神様はいつも何かを教えてくれている
  3. 【ドミニカ共和国の野球事情】彼らは野球が好きなわけではない?
  4. 今シーズン絶好調のあのチーム。その強さの秘密は打者たちの意識の変化にあった?
  5. オリックス・安達了一選手が教える守備の奥義とは?

関連記事

  1. フィールディング

    シートノックの中にも2つの技術を入れている。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ここに2017年…

  2. フィールディング

    野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は野球選手の…

  3. フィールディング

    【ヤクルトの宮本コーチから学ぶ】チームの顔になるためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、プロ初打席…

  4. フィールディング

    野球の試合はキャッチャーが命運を握っている【キャッチャーのための守備講座】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨シーズンは広島…

  5. フィールディング

    あのチームが秋季キャンプでやっていたキャッチング練習とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。この秋季キャンプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【(WBC)日本vs.オランダ】勝負の明暗を分けたのは…
  2. ピッチング

    打たれにくいスライダーの投げ方とは?
  3. フィールディング

    相反するキャッチング理論。どちらが正しい?
  4. コーチング

    【プホルス選手のバッティング理論から考える】選手のための指導とは?
  5. バッティング

    【MLB通算612本塁打のジム・トーミ氏に学ぶ】バットのヘッドの使い方
PAGE TOP