バッティング

ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

先日も少し紹介したレッドソックスのJ.D.マルティネス選手。(※【レッドソックスが世界一!】その強さの秘密とは?)

彼は『フライを打つことで才能が開花し、ハードヒット(打球速度95マイル以上)を心掛けたことでさらに才能が磨かれた』と紹介したんですが…。今日は彼のバッティングに対する考え方を聞いてみましょうか。

まず、この動画を見てみると彼もダウンスイングを教えられてきたようです。

そしてA・ロッド氏と話している内容を聞いてみると手のひらを上に向けるような感覚で振っているようです。

彼のその感覚はこの映像を見るとよくわかります。

そして、そういう感覚で振った結果がこんな感じです。

今シーズンは世界一にも貢献し、130打点で打点王を獲得。それだけではなく、打率.330(ア・リーグ2位)、43本塁打(ア・リーグ2位)という成績を残した選手のスイングですからね。ぜひとも参考にしてみてほしいんですが…

そういえばJ.D.マルティネス選手はよくこういう練習をしてますよ。

まあ、参考まで。

では、また。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【2017年のMLBドラフト】上位指名された3選手を見てみましょう
  2. 野球選手の育て方には解放という方法もある。
  3. 【世界一の遊撃手であるアンドレルトン・シモンズ選手から学ぶ】内野手としての意識
  4. 良いバッターはやっぱりバッティング練習から違う…
  5. すでに世界最高レベルの野球選手だということが証明された大谷翔平選手
PAGE TOP