フィールディング

【2018シーズン無失策だった選手から学ぶ】現代の野球選手に求められている事とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日のブログで少しだけDeNAベイスターズ・ロペス選手の守備力に触れたんですが、記事を読んでくださった方から動画を紹介していただきました。ぜひ、今日はロペス選手のハンドリングをご覧ください。

まあ、知っている人も多いと思いますがロペス選手は元々ファーストの選手ではなくてサードも守れる選手なんですね。

というよりシアトル・マリナーズにいた頃は実はセカンドを守る選手だったんですね。

こういう経験が積み重なってこそのハンドリング、そして無失策だったわけです。だからこそ私たちはこの教材をリリースしたんですが…

野球センスの磨き方(守備編)【今、日本人内野手がやるべきこと】

結局、現代の野球選手というのはどのポジションを守る選手でもハンドリングや自由自在な身のこなしを求められるんですね。内野手はもちろんですが、それこそ投手でも…

捕手でも…

外野手でも…

今シーズン大活躍だったレッドソックスのムーキー・ベッツ選手も元々はセカンドを守る選手だったんですからね。そんな選手が外野手としてブレイクできたのはセカンドを守れるテクニックがあったからでしょう。

ですから、現代野球というのはどんな選手も内野を守れるくらいの技術は身につけておかなければいけない時代で、そういう技術のない選手はどんどん見捨てられている傾向にあるというのを頭に入れておいてほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

あっ!この教材はアマゾンの在庫がなくなり次第、アマゾンでの販売を終了することになりました。今後はアマゾンでは手に入れることができなくなりますので販売が終了する前に、ぜひお買い上げください。

野球センスの磨き方(守備編)【今、日本人内野手がやるべきこと】

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【星稜高校野球部名誉監督・山下智茂氏が語る】大阪桐蔭の強さの秘密
  2. 年俸15億円の選手が…
  3. 超強豪校がずっと勝ち続けている理由はピッチャーの…
  4. 【バットは振れなければいけない】ただ、コンタクト能力というのは…
  5. 世界のホームラン王のバッティング理論

関連記事

  1. フィールディング

    何度ミスしてもバックハンドでチャレンジするドミニカ代表の遊撃手

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。これはU-15侍…

  2. フィールディング

    ゴールドグラブ賞を10回も受賞した史上最高の二塁手の秘密とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昔、仁志氏が『ナ…

  3. フィールディング

    守備練習の時だけでもこのマインドでプレーしてみてほしい…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。このブログを読ん…

  4. フィールディング

    25年ぶりに130試合以上に出場して捕逸がわずか『2』だったキャッチャーとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。全然知らなかった…

  5. フィールディング

    【3つのピボット】練習してますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ピボットの練習し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【アトランタ・ブレーブスの打撃コーチが教える】ティーバッティング
  2. フィジカル

    【20歳で東京ドームの天井を直撃】彼はどんなトレーニングをしているのか?
  3. マインド

    井の中の蛙が野球界で生き残るのは難しい…
  4. フィールディング

    野球の試合はキャッチャーが命運を握っている【キャッチャーのための守備講座】
  5. フィールディング

    【伝説の三塁手の話を聞いて気づいた】あなたはどんなセルフイメージで野球をしていま…
PAGE TOP