フィールディング

【2018シーズン無失策だった選手から学ぶ】現代の野球選手に求められている事とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日のブログで少しだけDeNAベイスターズ・ロペス選手の守備力に触れたんですが、記事を読んでくださった方から動画を紹介していただきました。ぜひ、今日はロペス選手のハンドリングをご覧ください。

まあ、知っている人も多いと思いますがロペス選手は元々ファーストの選手ではなくてサードも守れる選手なんですね。

というよりシアトル・マリナーズにいた頃は実はセカンドを守る選手だったんですね。

こういう経験が積み重なってこそのハンドリング、そして無失策だったわけです。だからこそ私たちはこの教材をリリースしたんですが…

野球センスの磨き方(守備編)【今、日本人内野手がやるべきこと】

結局、現代の野球選手というのはどのポジションを守る選手でもハンドリングや自由自在な身のこなしを求められるんですね。内野手はもちろんですが、それこそ投手でも…

捕手でも…

外野手でも…

今シーズン大活躍だったレッドソックスのムーキー・ベッツ選手も元々はセカンドを守る選手だったんですからね。そんな選手が外野手としてブレイクできたのはセカンドを守れるテクニックがあったからでしょう。

ですから、現代野球というのはどんな選手も内野を守れるくらいの技術は身につけておかなければいけない時代で、そういう技術のない選手はどんどん見捨てられている傾向にあるというのを頭に入れておいてほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

あっ!この教材はアマゾンの在庫がなくなり次第、アマゾンでの販売を終了することになりました。今後はアマゾンでは手に入れることができなくなりますので販売が終了する前に、ぜひお買い上げください。

野球センスの磨き方(守備編)【今、日本人内野手がやるべきこと】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【32億円の男から学ぶ】スピードや強さがなくてもトップでいれる理由
  2. 高校時代にホームランを打ったことなかった選手が選んだ道とは?
  3. 補殺記録を塗り替える内野手は現れた!次は刺殺記録を塗り替える外野手が出てきてほし…
  4. 自分にとってベストのリード幅を作ろう!
  5. 野球選手はバッティングの時の打球音を聞いてみよう!
PAGE TOP