フィールディング

【2018シーズン無失策だった選手から学ぶ】現代の野球選手に求められている事とは?

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日のブログで少しだけDeNAベイスターズ・ロペス選手の守備力に触れたんですが、記事を読んでくださった方から動画を紹介していただきました。ぜひ、今日はロペス選手のハンドリングをご覧ください。

まあ、知っている人も多いと思いますがロペス選手は元々ファーストの選手ではなくてサードも守れる選手なんですね。

というよりシアトル・マリナーズにいた頃は実はセカンドを守る選手だったんですね。

こういう経験が積み重なってこそのハンドリング、そして無失策だったわけです。だからこそ私たちはこの教材をリリースしたんですが…

野球センスの磨き方(守備編)【今、日本人内野手がやるべきこと】

結局、現代の野球選手というのはどのポジションを守る選手でもハンドリングや自由自在な身のこなしを求められるんですね。内野手はもちろんですが、それこそ投手でも…

捕手でも…

外野手でも…

今シーズン大活躍だったレッドソックスのムーキー・ベッツ選手も元々はセカンドを守る選手だったんですからね。そんな選手が外野手としてブレイクできたのはセカンドを守れるテクニックがあったからでしょう。

ですから、現代野球というのはどんな選手も内野を守れるくらいの技術は身につけておかなければいけない時代で、そういう技術のない選手はどんどん見捨てられている傾向にあるというのを頭に入れておいてほしいなと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

あっ!この教材はアマゾンの在庫がなくなり次第、アマゾンでの販売を終了することになりました。今後はアマゾンでは手に入れることができなくなりますので販売が終了する前に、ぜひお買い上げください。

野球センスの磨き方(守備編)【今、日本人内野手がやるべきこと】

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【秋山幸二氏が語った】本当に凄かったバッターは?
  2. MLBを代表するバッターであるマイク・トラウト選手の感覚とは?
  3. 内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。
  4. 今、世界一のピッチャーはクレイトン・カーショウ投手!
  5. あのプロ野球選手たちが中学時代に対戦していた!

関連記事

  1. フィールディング

    【外野手の皆さん!】技術は磨いてますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。突然なんですが……

  2. フィールディング

    【15歳〜16歳】ドミニカの遊撃手たちを見てみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本のプロ野球で…

  3. フィールディング

    タッグプレーで野選。そこで久慈コーチがやらせた練習は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。実は今日から秘密…

  4. フィールディング

    広岡達朗氏の守備を開眼させたドン・ブレイザーの守備に対する姿勢

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ちょっと古い記事…

  5. フィールディング

    ホームベースより前に転がった打球は全部自分のボールだと思え!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日はこの動画を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    保護中: 【内野手の基本】素手とグラブの違いを知ろう!(パスワードは3月16日[…
  2. ピッチング

    世界最高の右腕が教えるボールの握り方と投げ方
  3. フィールディング

    MLB(メジャーリーグベースボール)でショートを守る方法
  4. ピッチング

    最高のストレートを投げれる理由【タメの作り方】
  5. ピッチング

    【田中将大投手から学ぶ】キャッチボールで意識している事とは?
PAGE TOP