フィールディング

【菊池選手のこの言葉】胸に刻んでください。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

広島カープの菊池涼介選手が内野手のタメになる話をされていたので今日はその言葉を紹介させていただこうと思います。

それはどんな話なのかというとエラーに対する考え方の話なんですね。まあ、今年の菊池選手のエラーの数はわずか『3つ』だけだったんですけど彼も5年くらい前は20個近くエラーしていたんですね。まあ、内野手がそれくらいエラーをしてしまうとやっぱり「エラーしたくない」という思いが強くなってきてプレーが消極的になってくるものです。ボールを追いかけなくなったり…。ボールに関わろうとしなかったり…。こんな話を信じられない人がいるかもしれませんがボールに関わらなければエラーという記録はつかないわけですからね。そっちの方がいいと考える野球選手もいるんですね。まあ、恥ずかしながら私もそういう気持ちで野球をやっていた時期があります^^;

そこで菊池選手のお言葉の紹介です。

――アグレッシブな守備の副作用で、本来エラーじゃないものもエラーになってしまう可能性もあります。そこは気にならないですか?

「最初は気にしてましたけども、やっぱり自分が捕れなかったんでエラーしてもしょうがないって。それを引きずってたらボールを追えないんで。最後までやっぱりボールを追い続けたい。チームメートからもそこは言われないですね。『お前が無理だったら無理だろう』っていう感じでやらせてもらっています。やっぱりアウトにしたいと思って弾いたり、ギリギリでアウトにならない打球も弾いたりしてエラーになったりします。でも、追うことで意味があるというか。普通にライト前に抜けるより、チャレンジしたけどもうダメだったっていうのはピッチャーも思ってくれることかなと。そこを含めてけっこう深追いしてしまいますね。

広島菊池は「なぜそこにいる?」 名手が独白、ポジショニングの秘密を明かす|フルカウント

良い言葉ですよね。

・最後までやっぱりボールを追い続けたい。

・追うことに意味がある。

野球選手である限り、菊池選手のこの言葉を胸に刻んでプレーしてもらえたらと思います。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ルールを知っておきましょう】一塁駆け抜け
  2. 【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる
  3. 【2017年のMLBドラフト】上位指名された3選手を見てみましょう
  4. メジャーリーガーたちも恐れたピッチングフォームが誕生したのは…
  5. あのメジャーリーガーが大切にしているのはティーバッティング!でも、打席に立つと……

関連記事

  1. フィールディング

    【あの選手に期待する】凄くて巧い内野手に…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、こんな記事…

  2. フィールディング

    「先を見据えた野球」と言うのは簡単ですが…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。「今、勝つための…

  3. フィールディング

    試合でバックハンド(逆シングル)を使うための基準はクリアできてますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は内野手のバ…

  4. フィールディング

    世界トップレベルの二遊間の関係とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は世界トップ…

  5. フィールディング

    【日本一の二塁手から学ぶ】スーパープレーができる理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日は侍ジャパン…

  6. フィールディング

    野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は野球選手の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    柔らかいプレーができる選手って減ってきてません?
  2. フィジカル

    話題の『瞬達めがね』が教材になりました!
  3. バッティング

    すでに世界最高レベルの野球選手だということが証明された大谷翔平選手
  4. バッティング

    ドミニカ共和国のある選手が来年も野球をするために行っている練習とは?
  5. バッティング

    【広島東洋カープ・丸選手本人が語る】好調の理由とは?
PAGE TOP