フィジカル

【打つ、投げる、走るに脱力を!】脱力の極意

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

今日は新しい教材の発表をさせていただきます。その名も『打つ、投げる、走るに脱力を!「脱力の極意」』です。

そもそも「力を抜く」というのは野球選手にとって永遠のテーマのようなものですね。実は私自身も現役時代は力が抜けないことに悩んでいましたし、私以外の周りの選手たちもいかに力を抜くかを常に模索していました。それだけ多くの選手たちが脱力できないことに悩んでいたわけですから、もしかするとあなたも同じことで悩んでいるかもしれません。

実際に少年野球や高校野球を見ていてもベンチやスタンドから「力を抜け!」という声をよく耳にしますし、確かに脱力できていないためにバットが出てこない選手がたくさんいますし、もちろんこれはバッターだけの話ではなくピッチャーが脱力できずにストレートを叩きつけてしまう姿もよく見ます。

ですから、野球人であるならば選手も指導者も力を抜くことが大事なのはわかっているはずなんですね。ところが面白いことに「どうやって脱力するのか」を教えられる野球人はどこにもいないという現実があるわけです。

ですから、もしあなたが脱力に興味があるのであればコチラをクリックして続きを確認してみてください。

『打つ、投げる、走るに脱力を!「脱力の極意」』 ¥4,980

ただ、申し訳ありませんが今回の教材は数量限定での販売となっておりますのでその点についてはご了承をお願いします。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 野球選手としての夢を実現したければ、行動せよ!
  2. 野球選手の守備が上達しないのは指導者に問題がある場合が多い。
  3. 【野球界でよく使われる言葉ですが…】タメって何ですか?
  4. 史上最強の中学野球チームから学ぶ《少年野球チームのあるべき姿とは?》
  5. 井端コーチが京田選手に伝えていたゴロの捕り方とは?

関連記事

  1. フィジカル

    保護中: フェデラー選手の凄さとは?【パスワードは2月6日のBBB通信で】

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  2. フィジカル

    練習…、しすぎてませんか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。10月に行われた…

  3. フィジカル

    野球少年がやるべきトレーニングとは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は遅めのクリ…

  4. フィジカル

    話題の『瞬達めがね』が教材になりました!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。お待たせいたしま…

  5. フィジカル

    ご自分の体と向き合っていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。オリックスからM…

  6. フィジカル

    【映画『マトリックス』に学ぶ】速く動く方法

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。映画『マトリック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    【まさに芸術】アーロン・ジャッジ選手のバックスクリーン返し
  2. フィールディング

    今シーズンから導入されるリクエスト。これから求められる技術とは?
  3. バッティング

    【ホームランは正義】山川選手が選んだ野球選手としての生き方
  4. ピッチング

    そろそろピックオフ(牽制球)も世界基準に!
  5. フィジカル

    ご自分の体と向き合っていますか?
PAGE TOP