フィールディング

内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ツイッターの中で面白い動画があったので、まずはご覧ください。

まあ、突っ込みどころが満載でどこから話せばいいのか迷ってしまうんですが…

まず、そもそもの話として言っておかなければいけないのはエラーをしたシーンの時の状況は一死一塁です。ですから、エラーをした小園選手はダブルプレーを狙った動きだということを解説されている渡辺氏を含めてツイッターの中でもほとんどの人が理解していないのが一つ。

まあ、これは「正面で捕れ!」という意見にひたすら反発したい人が多いからではないでしょうか。その前に状況があってプレーがあるんですからね。誰かの意見に反発する前に状況を知ることは大切だと思います。そういう意味ではこのシーンはダブルプレーを狙うプレーなわけですから渡辺氏のおっしゃるように(ただ、渡辺氏も状況を把握されてませんが…)正面で捕るべきだったと思います。ただ、実際は小園選手は正面で捕球しようとしています。だって何度も言いますがダブルプレーを狙うシーンですからね。ですが、この時はたまたまバウンドが変わったので正面から外れてしまったんでしょう。

それから渡辺氏は捕球姿勢の時にファーストの方に向いていると指摘されていますが、それはダブルプレーでセカンドに投げることを考えれば、これくらいの角度は何の問題もないと思います。

それからそれから正面で捕球をした方がイレギュラーに対応できるっていうのはやめてほしいですね。グラブ側の腕が自由に動かせない姿勢の方がイレギュラーを捕れるということはありませんので…。まあ、その試合の価値(一発勝負)や状況(走者が二塁にいる場合)で後逸してしまうよりも前に落とした方が良いということは確かにあります。ですから「正面に入った方がイレギュラーは捕れないかもしれないけど前に落とすことはできるんだよ」ということであれば渡辺氏の意見はごもっともでしょうね。それを良しとするかどうかは個人の価値観でいいと思います。

それから根本的な話として、これはエラーではなくヒットと記録されてもおかしくないプレーです。こういうのをエラーにしてしまうと本当に攻めれない内野手ばかりが育つので(これは国際試合でしたが…)日本の野球を、日本の内野手を世界基準にするためにも内野手が攻めてセーフになったものは全てヒットと記録してもらいたいですね。MLBでも内野手が攻めて後逸したり、ファンブルしたものはそのほとんどがヒットと記録されます。時々信じられない判定もありますが、そうすることで内野手は攻めれるし、エキサイティングなプレーが多くなっているように思います。ですから記録のつけ方も変わるといいなと思っています。まあ、これに関しては私の勝手な願いですが…

ただ、日本的な男気として小園選手は「すまん!」とか「悪い!」とひと言言えればかっこいいですし(MLBの選手は自分は悪くないという顔をしますが…^^;)、ピッチャーも「心配すんな!」とか「大丈夫や!」って言えればチームとしてはまとまっている感はありますよね。

そして、最後にこういうプレーをどう反省して、どう次に生かすのかの話なんですが…。というのも、それが最も大切な話だと個人的には思いますので、その話をしたいんですが…

私は渡辺氏とは違って小園選手にはひたすらハンドリングレベルをあげてほしいと思います。まあ、映像のプレーはフォアハンドで取りに行ったわけではありませんが…。「あの打球捕れなかっただろ?フォアハンドで捕りに行くからだよ。だから正面で捕る練習をしよう」。これって一見その選手のことを思っているように見えますが、実はその選手のプレーの選択肢を少なくしてしまってるんですよね。ですから私なら「あの打球捕れなかっただろ?お前、フォアハンドの技術ないよな。ほら、ハンドリングの練習するぞ!」と言ってあげたいですね。

まあ、これは私の勝手な意見ですので聞き流しておいてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ドミニカ共和国のある選手が来年も野球をするために行っている練習とは?
  2. 【大阪桐蔭のキャプテンから学ぶ】この時代に求められている野球選手とは?
  3. 【スラップ打法で挑んできた!】坂本勇人選手vs.サントス選手の競争は?
  4. 長い長い甲子園の歴史で最も飛んだと言われているホームラン
  5. 【映画『マトリックス』に学ぶ】速く動く方法

関連記事

  1. フィールディング

    【野村克也氏から学ぶ】配球理論

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、捕手の配球…

  2. フィールディング

    先輩に「投げにくい」言われたキャッチャーが超一流のキャッチャーになれた理由

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本シリーズでM…

  3. フィールディング

    ファーストベースマンのテクニック

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は一塁手の守…

  4. フィールディング

    【二塁手必見!】この動きを徹底的に身につけましょう

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日も紹介させて…

  5. フィールディング

    【内野守備が強固なチームは強い!】ところで時代の流れを感じていますか?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。ビル・リプケン氏…

  6. フィールディング

    内野手はゴロを捕ったら胃に持って来い?【野球選手のための守備講座】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は野球選手の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. バッティング

    ハードヒット率 52.1%を誇る打者のバッティング理論とは?
  2. フィールディング

    【内野守備】ソフトバンクホークスの秋季キャンプから学ぶ
  3. ベースランニング

    【三塁走者は浅い飛球の時どうする?】1点を取るための走塁を覚えましょう
  4. バッティング

    【祝!2000安打】阿部慎之助選手の学生時代とは?
  5. バッティング

    【3年前から始まった丸ノート】果たしてその内容は?
PAGE TOP