フィールディング

内野手はひとつのエラーをどう生かすかもセンスです。

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

ツイッターの中で面白い動画があったので、まずはご覧ください。

まあ、突っ込みどころが満載でどこから話せばいいのか迷ってしまうんですが…

まず、そもそもの話として言っておかなければいけないのはエラーをしたシーンの時の状況は一死一塁です。ですから、エラーをした小園選手はダブルプレーを狙った動きだということを解説されている渡辺氏を含めてツイッターの中でもほとんどの人が理解していないのが一つ。

まあ、これは「正面で捕れ!」という意見にひたすら反発したい人が多いからではないでしょうか。その前に状況があってプレーがあるんですからね。誰かの意見に反発する前に状況を知ることは大切だと思います。そういう意味ではこのシーンはダブルプレーを狙うプレーなわけですから渡辺氏のおっしゃるように(ただ、渡辺氏も状況を把握されてませんが…)正面で捕るべきだったと思います。ただ、実際は小園選手は正面で捕球しようとしています。だって何度も言いますがダブルプレーを狙うシーンですからね。ですが、この時はたまたまバウンドが変わったので正面から外れてしまったんでしょう。

それから渡辺氏は捕球姿勢の時にファーストの方に向いていると指摘されていますが、それはダブルプレーでセカンドに投げることを考えれば、これくらいの角度は何の問題もないと思います。

それからそれから正面で捕球をした方がイレギュラーに対応できるっていうのはやめてほしいですね。グラブ側の腕が自由に動かせない姿勢の方がイレギュラーを捕れるということはありませんので…。まあ、その試合の価値(一発勝負)や状況(走者が二塁にいる場合)で後逸してしまうよりも前に落とした方が良いということは確かにあります。ですから「正面に入った方がイレギュラーは捕れないかもしれないけど前に落とすことはできるんだよ」ということであれば渡辺氏の意見はごもっともでしょうね。それを良しとするかどうかは個人の価値観でいいと思います。

それから根本的な話として、これはエラーではなくヒットと記録されてもおかしくないプレーです。こういうのをエラーにしてしまうと本当に攻めれない内野手ばかりが育つので(これは国際試合でしたが…)日本の野球を、日本の内野手を世界基準にするためにも内野手が攻めてセーフになったものは全てヒットと記録してもらいたいですね。MLBでも内野手が攻めて後逸したり、ファンブルしたものはそのほとんどがヒットと記録されます。時々信じられない判定もありますが、そうすることで内野手は攻めれるし、エキサイティングなプレーが多くなっているように思います。ですから記録のつけ方も変わるといいなと思っています。まあ、これに関しては私の勝手な願いですが…

ただ、日本的な男気として小園選手は「すまん!」とか「悪い!」とひと言言えればかっこいいですし(MLBの選手は自分は悪くないという顔をしますが…^^;)、ピッチャーも「心配すんな!」とか「大丈夫や!」って言えればチームとしてはまとまっている感はありますよね。

そして、最後にこういうプレーをどう反省して、どう次に生かすのかの話なんですが…。というのも、それが最も大切な話だと個人的には思いますので、その話をしたいんですが…

私は渡辺氏とは違って小園選手にはひたすらハンドリングレベルをあげてほしいと思います。まあ、映像のプレーはフォアハンドで取りに行ったわけではありませんが…。「あの打球捕れなかっただろ?フォアハンドで捕りに行くからだよ。だから正面で捕る練習をしよう」。これって一見その選手のことを思っているように見えますが、実はその選手のプレーの選択肢を少なくしてしまってるんですよね。ですから私なら「あの打球捕れなかっただろ?お前、フォアハンドの技術ないよな。ほら、ハンドリングの練習するぞ!」と言ってあげたいですね。

まあ、これは私の勝手な意見ですので聞き流しておいてください。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【問題です】この野球少年たちはのちにどんな野球選手になったでしょうか?
  2. 現役メジャーリーガーが行っている外野手の基本とは?
  3. 【2017年のMLBドラフト】上位指名された3選手を見てみましょう
  4. 超一流の選手の目の使い方を身につけませんか?
  5. ジョコビッチの生まれ変わる食事

関連記事

  1. フィールディング

    【ゴールドグラブを受賞した選手に学ぶ】一塁手の体の使い方

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今シーズン、ML…

  2. フィールディング

    大谷翔平投手の初登板の日に起こったひとつのプレー【フォーメーションは難しい…】

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。今日は朝からエン…

  3. フィールディング

    MLBの内野手は「ドッシリ」「ガッチリ」捕らない?そんな事はありません

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。内野守備の話にな…

  4. フィールディング

    【ヤクルトの宮本コーチから学ぶ】チームの顔になるためには…

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、プロ初打席…

  5. フィールディング

    【15歳〜16歳】ドミニカの遊撃手たちを見てみる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。日本のプロ野球で…

  6. フィールディング

    【スラップ打法で挑んできた!】坂本勇人選手vs.サントス選手の競争は?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。昨日の日本とキュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【ゴールドグラブを受賞した選手に学ぶ】一塁手の体の使い方
  2. マインド

    『極めたい』というのは『愛している』という事
  3. コーチング

    【夏の終わりを感じているかもしれませんが…】日本のリトルリーガーたちが頑張ってま…
  4. マインド

    あの国民栄誉賞を受賞した野球選手はどのようにして育てられたのか?
  5. ベースランニング

    チャーリー・ブラックモン選手のスライディング技術
PAGE TOP