ベースランニング

【良い選手になるために…】決して隙は見せない!

こんにちは。
ベースボールバイブルの東です。

昨日は面白いプレーがありましたね。これです。

結局、三塁走者(鳥谷選手)のホームインよりも二塁走者(梅野選手)のアウトの方が早かったということで阪神タイガースの得点は認められなかったわけですが…。もしも、自分のチームでこういうプレーがあったら、あなたはミーティングでどういう話をするでしょうか?

私ならまず三塁走者に全力疾走を求めます。それから、二塁走者には相手の遊撃手の動きを見れば三塁につなごうとしていることは理解できるわけですから、その動きを把握していたのかを確認します。把握していなかったとすれば今後は打球だけではなく、遊撃手の動きも見て判断するように伝えます。それから最後はホームコーチャーですね。この時は北條選手だったみたいですが…。ホームコーチャーにしっかり指示(三塁走者に全力疾走をしろ!と)をするべきだったと伝えると思います。

まあ、こういうプレーはあまり見ないプレーですが、こういうシーンではありえるプレーだと思うんですね。要するに少し気が緩みがちなシーンであるということです。おそらく鳥谷選手は楽にタッグアップできると思っていたでしょうし、北條選手もクロスプレーではないから必死にホームコーチャーをする必要はないと思ったでしょうし…。まあ、梅野選手は単純な判断ミスです。

例えばですけど、最近のMLBでもこういうプレーがあったんですよ。

もちろん、これはアルトゥーベ選手が機転を利かせた素晴らしいプレーなんですが、バッターは打った瞬間にアウトだと決めつけてしまったわけですね。要するに先ほどのプレーと同じように少し気が緩んでしまったわけです。でも、よく考えてみると打った瞬間にアウトだと決まるわけではありません。相手の選手がノーバウンドで捕球をしてアウトだと決まるわけですね。ですから、やっぱりバッターならアウトだと決まるまでは全力で走るべきだったと思います。逆に鳥谷選手の場合はホームインだと決まるまでは全力で走るべきでした。

まあ、こういうプレーはなかなか見ないプレーですけど、野球の試合の中では結構ありえるプレーだと思います。要するに野球のプレーの中には心に隙を作ってしまうことが多々あるということです。ですから、守っている選手はこういうことも狙える選手になるべきでしょうし、攻撃をしている選手はこういうことを狙われない選手になるべきではないでしょうか。

決して隙は見せない。

そういう選手が良い選手だと思いますよ。

まあ、参考まで。

では、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベースボールバイブル出版をフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. あのチームがSNSで動画をたくさん見せてくれる
  2. 競技生活を長くできた理由とは?
  3. 【要注目!】プロでもショートを守れるであろう楽しみな高校生
  4. 野球選手は体づくりも大事!
  5. 【ベイスターズ・山崎康晃投手に学ぶ】ピッチャーの仕事とは?

関連記事

  1. ベースランニング

    ピッチャーに錯覚させる一塁走者のリードの仕方とは?

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。来シーズンからヤ…

  2. ベースランニング

    【鈴木尚広氏から学ぶ】誰も教えてくれなかった盗塁のコツ

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。盗塁成功率82.…

  3. ベースボールIQ

    【あの選手のトリックプレーから学ぶ】ランナーは意外とボールの位置を把握していない

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。野球では攻撃の時…

  4. ベースランニング

    【ベースランニング】一塁ベースまでの走り方は打球によって変わる

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。つい先日の話なん…

  5. ベースランニング

    自分にとってベストのリード幅を作ろう!

    こんにちは。ベースボールバイブルの東です。先日、元ジャイア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

アーカイブ

  1. フィールディング

    【谷繁元信氏が語る】捕手の神髄とは?
  2. フィジカル

    少年野球は少年サッカーから体づくりを学ぶべきである。
  3. バッティング

    【あの大打者が語る】バッターがやるべき練習とは?
  4. コーチング

    【斎藤隆氏のMLBリポート】1Aの目的とは?
  5. フィジカル

    史上最高のアスリートから学ぶトレーニングと食事
PAGE TOP